注目記事
【ポケモン剣盾】環境メタ!?ソクノのみギャラドスの調整【育成論】

こんばんは、ポケモンソルジャーのakiba(@akibamonsterr)です。

最近、ランクマッチでナットレイとロトムの組み合わせが多くギャラドスが動かし辛いと感じます。しかし、ギャラドスは孵化がしやすい上に「ダイジェット」+「じしんかじょう」のコンボが話題になったため育てている人は多いと思います。そこで、今回はそんな逆風の環境に少しでも抗える変わった型のギャラドスを紹介しようと思います。

↓テンプレ型のギャラドスを使用したパーティはこちら↓

ギャラドスの基本データ

名前(英名)ギャラドス(Gyarados)
タイプみず ひこう
特性いかく じしんかじょう
けたぐり・くさむすびの威力120

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
95125796010081540

合計種族値が540、これは現在(シリーズ1)ランクマッチ使用できるポケモンの中で9番目に高く、かなりの高数値と言えます。特性はどちらも強力で、「いかく」はこの高い数値をさらに底上げし「りゅうのまい」を打つ機会を増やしてくれますし、「じしんかじょう」は積み技を打たなくとも抜き性能を確保してくれます。

ソクノのみギャラドスの育成論

特性じしんかじょう
性格むじゃき
持ち物ソクノのみ
努力値 HP:4 攻撃:252 防御:0 特攻:0 特防:0 素早さ:252
実数値171-177-99-80-108-146
たきのぼり とびはねる パワーウィップ だいもんじ

持ち物:ソクノのみ

電気タイプの技によるダメージを1度だけ半減する木の実です。「りゅうのまい」や「ダイジェット」などで素早さが上昇したギャラドスを倒す方法として、「こだわりスカーフ」を持たせた各種ロトムの電気技が挙げられます。しかし、このきのみを持たせることで先制を取られても倒されず逆に「ダイソウゲン」で返り討ちにすることができます。

ただし、先行「ボルトチェンジ」で逃げられてしまうこともあるので、受けだして来たら即「ダイソウゲン」を打つのではなく、もう一度「ダイジェット」を使用し確実に先制できるようにすると良いかもしれません。

技構成解説

技①:とびはねる
「とびはねる」をダイマックス技にした「ダイジェット」
タイプ威力命中率PPダイマックス技の威力追加効果
飛行8585%513030%で相手を麻痺

ギャラドスの強さに最も貢献している技です。ダイマックスわざ「ダイジェット」は自身の素早さを上昇させるため特性の「じしんかじょう」と合わせて実質的な「りゅうのまい」をすることができます。

また、ダイマックスしていないときもメインウエポンとして使用でき、相手のダイマックスわざをかわしてターンを稼ぐといった使い方もできます。ただし、「まもる」などで防がれた場合、相手にノーリスクの1ターンを与えることになるため注意が必要です。

技②:たきのぼり
タイプ威力命中率PPダイマックス技の威力追加効果
80100%1513020%で相手を怯ませる

前作までと同じく強力な追加効果を持つ安定したメインウエポンです。ダイマックスしたポケモンは怯まないという仕様が若干の向かい風ですが、水タイプの技は半減しにくいことと「とびはねる」と違って非ダイマックス状態の時も即時性があるという点が優秀なので当然の採用です。

技③:パワーウィップ
「パワーウィップ」をダイマックス技にした「ダイソウゲン」
タイプ威力命中率PPダイマックス技の威力追加効果
12085%10140なし

今作から新たに覚えた草タイプの物理技です。これにより、本来不利を取る相手である水ロトム・ブルンゲル・トリトドンなどに勝てる可能性が生まれました。「ダイジェット」+「ダイソウゲン」でたとえHB振りの水ロトムであろうと乱数で倒すことができます。(58.59%)

技④:だいもんじ
「だいもんじ」をダイマックス技にした「ダイバーン」
タイプ威力命中率PPダイマックス技の威力追加効果
11085%514010%で相手を火傷にする

ナットレイへの役割破壊技です。ナットレイがよく覚えている「まもる」でこちらのダイマックスターンを稼がれダイマックスが解除された場合、「とびはねる」が守られてしまうため突破不可能になってしまいます。そこで、ダイマックスが解除された後でもナットレイに大ダメージを与えられるこの技を採用しました。

「ダイジェット」+「ダイバーン」でHBナットレイを100%倒すことができます。

ダメージ計算一覧

ダイマックス時の最大HPを200%とします。

与ダメージ

ダイジェット

・181-201(252-252+)ナットレイに対して66~78(36.4%~43.0%)
・157-174(252-252+)水ロトムに対して38~45(15.2%~18.0%)
・163-96(0-4)ドラパルトに対して135~160(82.8%~98.1%)
・131-100(4-0)ミミッキュに対して130~154(99.2%~117.5%)

ダイソウゲン

・157-174(252-252+)水ロトムに対して108~128(68.7%~81.5%)
・201-150(244-252+)ヌオーに対して248~296(145.8%~174.1%)

ダイバーン

・181-135(252-0)ナットレイに対して128~152(70.7%~83.9%)
・205-105(252-0)アーマーガアに対して80~96( 46.2%~55.4% )

被ダメージ

物理

・172(252)ドラパルトのダイドラグーン(130)が127~151(74.7%~88.8%)
・142(252)ミミッキュの「いのちのたま」持ちダイフェアリー(130)が138~164( 80.7%~95.9%)

特殊

・157(252)水ロトムの「10まんボルト」が「ソクノのみ」発動時150~176(88.2%~103.5%)
・ 157(252)水ロトムの 「ダイサンダー(130)」が「ソクノのみ」発動時234~276(136.8%~161.4%)

まとめ

いかがだったでしょうか。せっかく育成したのに環境に合わずそのままBOX行きというのは流石に悲しいので、現在の水ロトムナットレイ環境でも最低限戦える型を紹介しました。

これからもシングル対戦に関する記事を投稿していきますので、公式Twitter(@Pokesol_info)のフォローをお願いします。

Twitterでフォローしよう