注目記事
【剣盾シーズン8】キョダイインテレオン入り対面構築【レンタルチーム】

レンタルチーム

個別紹介

【ゴリランダー巨】

特性 グラスメイカー
性格 いじっぱり
持ち物 こだわりハチマキ
努力値 HP:236 攻撃:252 防御:20 特攻:0 特防:0 素早さ:0
実数値 205-194-113-72-90-105
ウッドハンマー グラススライダー ばかぢから とんぼがえり

【調整意図・考察など】
A:特化
HB:耐久値を最大化させるHP=B+Dに近付けるよう配分

-------------------------------------------------------------

【エースバーン巨】

特性 リベロ
性格 ようき
持ち物 いのちのたま
努力値 HP:0 攻撃:252 防御:0 特攻:0 特防:4 素早さ:252
実数値 155-168-95-76-96-188
かえんボール とびはねる とびひざげり しねんのずつき

【調整意図・考察など】
A:振り切り
D:端数(特性「ダウンロード」対策のB<D)
S:最速

-------------------------------------------------------------

【インテレオン巨】

特性 げきりゅう
性格 せっかち*¹
持ち物 きあいのタスキ
努力値 HP:0 攻撃:4 防御:0 特攻:252 特防:0 素早さ:252
実数値 145-106-76-177-85-189
ねっとう エアスラッシュ こおりのつぶて*² こらえる

【調整意図・考察など】
A:端数
C:振り切り
S:最速

※1:特性「ダウンロード」対策になるため、「むじゃき」ではなく「せっかち」
※2:「きあいのタスキ」持ちゴリランダーがグラスフィールドで回復してきても倒しきれるように「アクアジェット」ではなく「こおりのつぶて」

-------------------------------------------------------------

【ミミッキュ】

特性 ばけのかわ
性格 いじっぱり
持ち物 アッキのみ
努力値 HP:36 攻撃:236 防御:172 特攻:0 特防:4 素早さ:60
実数値 135-154-122-63-126-124
じゃれつく ゴーストダイブ かげうち つるぎのまい

【調整意図・考察など】
HP:「ばけのかわ」の定数ダメージ考慮の実数値8n-1
A:余り
HB:防御1段階上昇時、「ばけのかわ」の定数ダメージ+194(252+)ギャラドスの「いのちのたま」持ち「ダイストリーム(130)」を93.7%で耐え
D:端数
S:最速60属抜き

-------------------------------------------------------------

【ジバコイル】

特性 がんじょう
性格 ひかえめ
持ち物 じゃくてんほけん
努力値 HP:0 攻撃:0 防御:4 特攻:252 特防:0 素早さ:252
実数値 145-67-136-200-110-112
10まんボルト ラスターカノン はかいこうせん でんじは

【調整意図・考察など】
B:端数
C:特化
S:最速

-------------------------------------------------------------

【カビゴン】

特性 あついしぼう
性格 わんぱく
持ち物 たべのこし
努力値 HP:204 攻撃:0 防御:252 特攻:0 特防:0 素早さ:52
実数値 261-130-128-76-130-57
ヘビーボンバー じわれ あくび まもる

【調整意図・考察など】
HP:余り(耐久値を最大化させるHP≒B+D)
B:特化
S:4振りドヒドイデ抜き

使い方

初手ジバコイル

特性「がんじょう」のジバコイルは初手でどのポケモンと対面しても撃ち合いが可能で、持ち物「じゃくてんほけん」のおかげで不利相性すら突破できるポテンシャルを持っています。
受け構築など、ジバコイルが行動しても試合が動かない相手でない限り、積極的に選出していきます。

撃ち漏らしをインテレオンで倒しきる

いくらタイマン性能の高いジバコイルと言っても、ダイマックスポケモン相手に打ち勝つことはできません。
しかし、ジバコイルは飛行タイプ1/4の耐性を持っているため「ダイジェット」を撃たれにくく、素早さが上がってないダイマックスポケモンが残されることが多々あります。
その、削れて残されたダイマックスポケモンを、高い素早さと「キョダイソゲキ」のおかげで瞬間火力を手に入れたインテレオンで倒しきり、反撃します。

また、ジバコイルの特性「がんじょう」を貫通して倒してくるキョダイエースバーンに対して上から一撃で倒せる点も相性が良く、このポケモンのおかげで初手にジバコイルを積極的に繰り出すことが可能になっています。

削れた相手を一掃

上記の流れを辿ることができれば、キョダイマックスしたインテレオンは非ダイマックスポケモンに対しても攻撃することができる展開となっているため、さらにもう1体突破し最後の1体にも削りを入れた状況になっています。
あとは、ゴリランダーやミミッキュの持つ優秀な先制技で削りきったり、残り1体となって交代できなくなった相手をカビゴンの「あくび」でハメるだけで勝つことができます。

対戦動画

Twitterでフォローしよう