注目記事
【ポケモン剣盾】ポケソル監修 シングルバトル最強キャラランク | 2019年11月版

『ポケットモンスター ソード・シールド』のシングルバトルガチ対戦の環境における使用率と、採用率TOP30位以内のポケモンをその強さでランク付けした「キャラランク」を掲載しています。

ランクマッチ1位経験者含む、全員がマスターボール級の対戦ガチ勢たちによる性能評価、および初心者にオススメのポケモンを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

KP集計

『ランクマッチ シングルバトル』をマスターボール級で200戦行い、そこで遭遇した相手のポケモンの数を集計しました。

順位ポケモンKP採用率
1ミミッキュ12663.00%
2ドラパルト11758.50%
3サザンドラ8040.00%
4ドリュウズ7236.00%
5アーマーガア6130.50%
6ギャラドス4723.50%
7火ロトム4623.00%
8水ロトム4422.00%
9ナットレイ4321.50%
10ドヒドイデ4020.00%
10バンギラス4020.00%
12トゲキッス3216.00%
13パルシェン2814.00%
14オーロンゲ2713.50%
15サニーゴ178.50%
16ヒヒダルマ168.00%
16ニンフィア168.00%
18ギルガルド147.00%
18ブラッキー147.00%
18ジュラルドン147.00%
18リザードン147.00%
22パッチラゴン136.50%
23ウインディ126.00%
23エースバーン126.00%
23カバルドン126.00%
23トリトドン126.00%
27ウオノラゴン105.00%
28草ロトム94.50%
28飛ロトム94.50%
30カビゴン84.00%
30ローブシン84.00%
30キリキザン84.00%
データ全容
順位ポケモンKP採用率
1ミミッキュ12663.00%
2ドラパルト11758.50%
3サザンドラ8040.00%
4ドリュウズ7236.00%
5アーマーガア6130.50%
6ギャラドス4723.50%
7火ロトム4623.00%
8水ロトム4422.00%
9ナットレイ4321.50%
10ドヒドイデ4020.00%
10バンギラス4020.00%
12トゲキッス3216.00%
13パルシェン2814.00%
14オーロンゲ2713.50%
15サニーゴ178.50%
16ヒヒダルマ168.00%
16ニンフィア168.00%
18ギルガルド147.00%
18ブラッキー147.00%
18ジュラルドン147.00%
18リザードン147.00%
22パッチラゴン136.50%
23ウインディ126.00%
23エースバーン126.00%
23カバルドン126.00%
23トリトドン126.00%
27ウオノラゴン105.00%
28草ロトム94.50%
28飛ロトム94.50%
30カビゴン84.00%
30ローブシン84.00%
30キリキザン84.00%
33ゲンガー73.50%
33ゴリランダー73.50%
33メタモン73.50%
33ブリムオン73.50%
33ドサイドン73.50%
33ヌオー73.50%
39オノノクス63.00%
39ガマゲロゲ63.00%
39ルカリオ63.00%
42シャンデラ52.50%
42ストリンダー52.50%
42バルジーナ52.50%
42ランターン52.50%
42アイアント52.50%
47バイウールー42.00%
47ホルード42.00%
47ルチャブル42.00%
50インテレオン31.50%
50エルフーン31.50%
50ゴチルゼル31.50%
50セキタンザン31.50%
50タチフサグマ31.50%
50ピクシー31.50%
50マタドガス31.50%
57ウッウ21.00%
57カイリキー21.00%
57グレイシア21.00%
57クレベース21.00%
57シザリガー21.00%
57ジャラランガ21.00%
57ドータクン21.00%
57ヌメルゴン21.00%
57バタフリー21.00%
57フライゴン21.00%
57マルヤクデ21.00%
57ミロカロス21.00%
57モルペコ21.00%
57ヨクバリス21.00%
57ラプラス21.00%
57マンムー21.00%
73イエッサン10.50%
73ウォーグル10.50%
73エンニュート10.50%
73オニゴーリ10.50%
73オンバーン10.50%
73カジリガメ10.50%
73キテルグマ10.50%
73キュウコン10.50%
73グソクムシャ10.50%
73コータス10.50%
73コオリッポ10.50%
73サーナイト10.50%
73サマヨール10.50%
73ソーナンス10.50%
73ダイオウドウ10.50%
73タイプ:ヌル10.50%
73チラチーノ10.50%
73ツボツボ10.50%
73デスバーン10.50%
73ナマコブシ10.50%
73ニダンギル10.50%
73ネギガナイト10.50%
73ペリッパー10.50%
73マッギョ10.50%
73モスノウ10.50%
73ワタシラガ10.50%
73エーフィ10.50%
73マタドガス10.50%
73マホイップ10.50%

ガチ対戦におけるポテンシャルで性能を評価

シングルバトル           
見せ合い6体
選出3体
レベル50統一
キョダイマックス使用不可

以上のルール、つまりは『ランクマッチ シングルバトル シリーズ1』を前提とし、ランクマッチやオンライン・オフライン大会などのいわゆる「ガチ対戦」と呼ばれる環境においてどれだけ活躍できるポテンシャルを持っているのかを判断し、その性能順でランク付けしています。(同ランク内の順番は図鑑番号順です。)

キャラランク

それでは早速キャラランクを紹介していこうと思います。
キャラランクに入るポケモンは上記のKP30位以内のポケモンのみとなっているのでご注意ください。
また、ポケモンの型(技構成や努力値配分など)は現在ランクマッチでよく見かけるものだけとし、一部プレイヤーしか使用していないなど、まだ目立った活躍をしていない型は考慮していない点もご了承ください。

↓キャラランクの作成はこちらから↓

Sランク

トゲキッス

強力なダイマックス技「ダイジェット」をタイプ一致で撃てるため、他のポケモンのように「ダイジェット」が単なる前準備となり貴重なダイマックスターン浪費するというわけではない点が非常に強力です。同様のポケモンにリザードンが存在しますが、このポケモンは4倍弱点がないため倒されにくいところと、環境に多いドラゴンタイプにタイプ相性上有利である点で優っています。
また、ダイマックスが切れても「ダイジェット」で上げた素早さを活かして「エアスラッシュ」で怯みを押し付けられるため誰が使っても強力で、Sランクに相応しい性能を持っています。

サザンドラ

今作になってサザンドラより速いポケモン、例えばガブリアスなどが軒並み登場しなくなったおかげで先制される相手がほとんどいなくなり、かなり動きやすくなりました。また、前作で猛威を振るっていたカプ・レヒレなどの水・フェアリータイプも環境から姿を消したため、「あくのはどう」と「ラスターカノン」の範囲でほとんどのポケモンと戦えるようになりました。
悪タイプの技は元々一貫性が高く、その上今作ではダイマックス技「ダイアーク」が相手の特防を下げる追加効果を持つため後出しから受けることがほぼ不可能です。このことから、ロトムなどタイプ相性で有利を取れるポケモンと対面した瞬間相手のポケモンを1体倒したのと同義であり、常に相手に最大限の警戒を強要する非常に強力なポケモンとなりました。

ミミッキュ

このポケモンも自身より速いポケモンが消えたことでかなり動きやすくなり、「ばけのかわ」の弱体化を受けたものの環境的には強化を受けました。
また、ダイマックス技「ダイホロウ」は相手の防御を下げるので、「つるぎのまい」のせいで元々受けにくかったにも関わらずさらに受け切ることが難しくなりました。さらに、ダイマックスポケモンに対して「ばけのかわ」を盾にすることで1ターンは稼ぐことが出来る点も強力です。

ドラパルト

上に書いた通り、ダイマックスポケモンは討ち損じやすくそれをリカバリーするために「速いポケモン」が非常に重要な今、現環境で最も速いドラパルトはそれだけで強力です。また、初めは「ラムのみ」や「きあいのタスキ」持ちなどしかいませんでしたが、今では本サイトで紹介した弱点保険型に始まり、眼鏡型や鬼火祟り目型など型の多様化が進んでいるため対処しにくい点も強みとなっています。
受け回してくる相手には上手く対処されがちですが、「ダイホロウ」の防御下げや「クリアボディ」による相手のダイマックス技の効果の無効化などがあまりに強力で、撃ち合いを仕掛けてくる相手には無類の強さを誇ります。

Aランク

バンギラス

元々600族という高数値を持っているのにも関わらず、天候が砂状態の時に砂タイプの特防が1.5倍になるという仕様により圧倒的高さのステータスを誇ります。これにより、生半可な弱点技は余裕を持って2耐えしたりしてしまうので、「じゃくてんほけん」を持って一貫性の高い「ダイアーク」を撃っているだけで相手が半壊していることも少なくないです。

ドリュウズ

素早さが高いことが重要なこの環境で、特性「すなかき」さえ発動すれば環境最速の座を奪取できる点が強いです。前作までと違い、「ダイロック」で能動的に発動させられるため「じゃくてんほけん」や「とつげきチョッキ」を持てば単体での撃ち合いを制しつつドラパルトの上から動けるようになります。
ただし、この高い素早さを実現するためにはバンギラスなどの砂起こし要員、またはダイマックスターンを1ターン用意しなければならないためSランク入りとはなりませんでした。

アーマーガア

「ちょうはつ」を持つことで相手の受けポケモンに強くなれる受けポケモンです。この技で相手の予定していた展開を防ぎつつ、「とんぼがえり」で有利な対面を作る動きがシンプルながら強力です。
ロトムを出されると何もできずに「ボルトチェンジ」で有利状況の継続を許してしまいますが、「ちょうはつ」を押さずに相手の後出しに合わせて即「とんぼがえり」を選択してサザンドラなどを投げていくことで試合を有利に進められます。

Bランク

パルシェン

前作と変わらず「からをやぶる」が強力な積みアタッカーですが、天敵であった「ステルスロック」が環境に少ないこととダイマックス状態で先制技を使えない仕様により以前より動きやすくなりました。この仕様を活かして、相手のダイマックスポケモンへのカウンターとして扱うのが、現状最も強い使い方であると思われます。

カビゴン

ダイマックスポケモンはその行動回数を稼ぐために様々な技や効果を無効化する仕様がありますが、なぜか「あくび」状態には耐性がないため「あくび」持ちのカビゴンでダイマックスポケモンを簡単に捌くことが可能です。現在はカビゴンと組ませて強いポケモンが見つかっておらず、ただ単体で強いだけなためこの評価ですが、カビゴンを組み込んだ並びが開拓された場合は評価が大きく上がりそうです。

ロトム(炎)

トゲキッス、アーマーガアなど環境で猛威を振るっている対処の難しいポケモンに強いです。また、有利状況を継続する「ボルトチェンジ」という最強技の数少ない使い手である点も評価されています。
ただし、上記以外の環境上位ポケモンほとんどに弱く、特にサザンドラは不利対面を作ってしまうと即負けに繋がってしまうようなパワーを持っているため、安易な選出は控える必要があります。

ロトム(水)

ヒートロトムと性能はほとんど変わりませんが、バンギラスに不利ではなくなった代わりに、トゲキッスに有利とは言えなくなりました。上記と同様、作ってはいけない不利対面が存在するためそれに対処できるようなパーティ作りが求められます

Cランク

Dランク

Eランク

初心者にオススメのポケモン

トゲキッス

素早さ・耐久・火力のいずれも高めで、技範囲も優秀なので「じゃくてんほけん」や「ラムのみ」を持たせて雑に技を撃っているだけで強いです。このポケモンを使えばいかに今作の「ダイジェット」が優秀であるかが理解できると思います。

ミミッキュ

特性「ばけのかわ」の効果でほとんどのポケモンに対して1回以上行動できるため、いつ選出してもある程度の活躍が見込め、扱いやすいです。ゴースト技が一貫しやすい事と、「ダイホロウ」がどれほど受けを難しくしているか学ぶこともできます。

バンギラス

圧倒的な数値の高さで弱点技もなんなく耐えることができます。悪タイプのダイマックス技「ダイアーク」の追加効果が相手の特防ダウンであることや、炎技を撃ちたい相手が防御に努力値を振っている場合が多いことを考えると特殊型での採用も強いです。
このポケモンを使うことで、数値の高さがポケモン対戦でどれだけ重要か、強いポケモンとは何であるのかを知ることができるかもしれません。

最後に

これから毎月、今回のようにランクマッチや大会でのKPを集計し掲載、およびその上位30体のキャラランクを発表していこうと考えています。
最新の環境推移を見逃さないためにも、投稿の告知を行っている公式Twitter(@Pokesol_info)のフォローをぜひお願いします。

Twitterでフォローしよう