注目記事
【ポケモン剣盾】シングルバトル最強キャラランク|2019年12月版

12月14日から29日にかけて、『ランクマッチ シングルバトル』の『マスターボール級』にて1000試合行い、そこで相手が使用していたポケモンを集計しました。また、今回のデータと以前掲載した「2019年12月前半の集計結果」と比較し、環境がどのように推移しているかを考察します。
さらに、以上を踏まえた上で使用率TOP30をその強さでランク付けした『キャラランク』を掲載しています。

↓2019年12月前半の集計結果はコチラ↓

使用率集計

『ランクマッチ シングルバトル』の『マスターボール級』にて1000戦行い、対戦相手の使用ポケモンを集計しました。

順位ポケモン名採用数採用率変動
1位ドリュウズ44344.30%
2位ドラパルト43843.80%
3位ミミッキュ43443.40%
4位アーマーガア35735.70%-
5位トゲキッス27027.00%
6位サザンドラ25625.60%-
7位バンギラス24224.20%
8位ギャラドス20820.80%
9位ロトム(ウォッシュ)19319.30%
10位ロトム(ヒート)16016.00%
11位ヒヒダルマ(ガラル)13913.90%
12位オーロンゲ12412.40%
13位ニンフィア11211.20%
14位ドヒドイデ11011.00%
15位エースバーン10910.90%↑↑
16位カバルドン10410.40%↑↑
17位パッチラゴン818.10%↑↑
18位ギルガルド797.90%↑↑
19位リザードン787.80%↓↓
19位パルシェン787.80%
21位ヌオー757.50%
22位カビゴン747.40%
22位ナットレイ747.40%↓↓
24位ロトム(カット)717.10%↑↑
25位トリトドン666.60%↑↑
26位ラプラス606.00%↑↑
27位ウオノラゴン595.90%
28位アイアント575.70%↓↓
28位ジュラルドン575.70%↓↓
30位サニーゴ(ガラル)565.60%↓↓
31位以下
31位エルフーン545.40%
32位ブラッキー505.00%
33位ドサイドン484.80%
33位オノノクス484.80%
33位インテレオン484.80%
36位ウインディ464.60%
36位ローブシン464.60%
38位ブリムオン414.10%
39位キリキザン333.30%
40位メタモン303.00%
41位ミロカロス272.70%
41位シャンデラ272.70%
43位ルカリオ262.60%
43位ゴリランダー262.60%
45位ガマゲロゲ252.50%
45位ホルード252.50%
45位マホイップ252.50%
48位グレイシア212.10%
49位ランターン191.90%
50位ゲンガー161.60%
50位サーナイト161.60%
50位オニゴーリ161.60%
50位ルチャブル161.60%
50位タイプ:ヌル161.60%
50位サダイジャ161.60%
56位エレザード151.50%
56位タチフサグマ151.50%
58位バタフリー141.40%
58位マンムー141.40%
58位ゴチルゼル141.40%
58位ネギガナイト141.40%
62位ウォーグル131.30%
62位バイウールー131.30%
62位セキタンザン131.30%
65位ロトム(スピン)121.20%
65位ギガイアス121.20%
65位クワガノン121.20%
65位ナマコブシ121.20%
65位ヨクバリス121.20%
70位ピクシー111.10%
70位ブルンゲル111.10%
70位ヌメルゴン111.10%
70位ジャラランガ111.10%
74位シザリガー101.00%
74位バンバドロ101.00%
76位シャワーズ90.90%
76位マルヤクデ90.90%
76位ポットデス90.90%
79位マタドガス(ガラル)80.80%
79位エーフィ80.80%
79位デンチュラ80.80%
79位エンニュート80.80%
79位シルヴァディ80.80%
84位サンダース70.70%
84位モスノウ70.70%
86位サイドン60.60%
86位ハガネール60.60%
86位ペリッパー60.60%
86位フライゴン60.60%
86位ズルズキン60.60%
86位ゴロンダ60.60%
86位トゲデマル60.60%
86位カマスジョー60.60%
86位ストリンダー60.60%
86位ストリンダー(ローなすがた)60.60%
86位モルペコ60.60%
97位キレイハナ50.50%
97位ロズレイド50.50%
97位ドータクン50.50%
97位ドラピオン50.50%
97位エルレイド50.50%
97位クレベース50.50%
97位オニシズクモ50.50%
104位キュウコン40.40%
104位ツボツボ40.40%
104位コータス40.40%
104位シンボラー40.40%
104位バルジーナ40.40%
104位アマージョ40.40%
104位カジリガメ40.40%
104位コオリッポ40.40%
112位ライチュウ30.30%
112位ラフレシア30.30%
112位ダグトリオ30.30%
112位サマヨール30.30%
112位フワライド30.30%
112位ランクルス30.30%
112位バイバニラ30.30%
112位ギギギアル30.30%
112位ニダンギル30.30%
112位オンバーン30.30%
112位バチンウニ30.30%
112位イエッサン(オス)30.30%
112位ダイオウドウ30.30%
125位カイリキー20.20%
125位ギャロップ(ガラル)20.20%
125位サワムラー20.20%
125位オクタン20.20%
125位ルンパッパ20.20%
125位ダーテング20.20%
125位ライボルト20.20%
125位ロトム20.20%
125位デスカーン20.20%
125位チラチーノ20.20%
125位アギルダー20.20%
125位モノズ20.20%
125位カラマネロ20.20%
125位ガメノデス20.20%
125位キテルグマ20.20%
125位グソクムシャ20.20%
125位ワタシラガ20.20%
125位アップリュー20.20%
125位タルップル20.20%
125位ウッウ20.20%
125位バリコオル20.20%
125位パッチルドン20.20%
147位ピカチュウ10.10%
147位クサイハナ10.10%
147位キングラー10.10%
147位ブースター10.10%
147位ネイティオ10.10%
147位マンタイン10.10%
147位マッスグマ(ガラル)10.10%
147位クチート10.10%
147位ネンドール10.10%
147位ドクロッグ10.10%
147位ユキノオー10.10%
147位マニューラ10.10%
147位リーフィア10.10%
147位ヨノワール10.10%
147位ムシャーナ10.10%
147位ココロモリ10.10%
147位イワパレス10.10%
147位ダストダス10.10%
147位シュバルゴ10.10%
147位ランプラー10.10%
147位マッギョ(ガラル)10.10%
147位オーロット10.10%
147位パンプジン10.10%
147位ジジーロン10.10%
147位イオルブ10.10%
147位サニゴーン10.10%
147位デスバーン10.10%
147位イエッサン(メス)10.10%
147位ウオチルドン10.10%

主な変動

ドリュウズ(2→1)

これまでも高い採用率を誇っていましたが、ついにミミッキュを抜き堂々の1位となりました。元採用率1位のミミッキュに強いだけでなく、強力なダイマックスであるバンギラスやトゲキッスにも「ダイロック」+「すなかき」や「ダイスチル」の防御上昇を駆使して勝てるため、現環境の中心ポケモンと言っても過言ではなさそうです。
また、「アイアンヘッド」や「つのドリル」など確率で負け試合を覆す能力も持っているため、ただただハイスペックであると言えます。

エースバーン(20→15)

ミミッキュというトップメタに対して対面から勝てるだけでなく、パーティで重くなりがちなアイアントに強い点が評価されてか一気に順位を上げました。現在は「みがわり」+「チイラのみ」の型がほとんどですが、夢特性が解禁されれば様々な型が現れると予想されるので、まだまだ伸びしろのあるポケモンです。

カバルドン(25→16)

「ミストメイカー」などの特性が環境から消え去った今作では「あくび」への対処が非常に難しく、1体で「あくび」+「ステルスロック」のコンボができかつ身代わりに対して「ほえるorふきとばし」で切り返せるカバルドンは唯一無二であると言えます。
ただし、最近では「ラムのみ」持ちをかなり多く見かけるため、安易な行動を取ると取り返しのつかない状況になってしまいます。

トリトドン(32→25)

タイプ相性上ロトム(炎)とロトム(水)に強く、強力な「ダイジェット」持ちポケモンであるトゲキッスとの相性が良いためトゲキッスの全抜きをサポートするポケモンとして使われることが多いです。
弱点の少なさに加え「あくび」で同一ポケモンの連続した攻撃を許さないため突破が難しい点が強力ですが、絶妙な数値の足りなさとカバルドン同様不意の「ラムのみ」で崩されがちです。

ナットレイ(15→22)

強力な追加効果を持つ「ダイスチル」をタイプ一致で使え、かつダイマックスターンを稼げる「まもる」を自然に採用できるナットレイが採用率を大きく落としました。これまではドヒドイデと組んで電気受けを担っていましたが、そもそも受け構築が減っていることやその役割をヌオーに奪われたこと、また最近流行りの「ちょうはつ」アーマーガアに起点にされてしまうことが原因であると考えられます。

アイアント(19→28)

マイナーポケモンから大出世したアイアントですが、わずか半月で大きく採用率を落としました。前述した通りエースバーンが増えたことや特殊ドラパルトの増加、先にダイジェットを使われていると1度も動くことなく上から倒されてしまうなどの弱点を使用者が痛感し手放していった結果なのではと考えられます。

キャラランク

採用率TOP30位以内のポケモンをその強さでランク付けした「キャラランク」 です。
ランクマッチ1位経験者複数含む、全員がマスターボール級の対戦ガチ勢たちによる評価なのでぜひ参考にしてみてください。

↓前回のキャラランクはこちら↓

Sランク

ミミッキュ

採用率1位の座から落ちたとは言え、前回のキャラランクから変わらずのSランクです。
自身より遅いポケモンばかりで「ダイホロウ」の防御ダウンを押し付けた崩しが強力なのは変わらずですが、発売から十分な時間が経ちダイマックスの強力さが浸透したため、特性「ばけのかわ」でダイマックスターンを確実に稼げる点がこれまで以上に評価されるようになりました。
以前までは「いのちのたま」持ちの"じゃれつく・シャドークロー・かげうち・つるぎのまい"型ばかりでしたが、最近では「のろい」型やゴースト技をターンの稼げる「ゴーストダイブ」に変えた型などが登場し、今まで以上に対処しにくいポケモンになりました。

アーマーガア

前作までの物理受けポケモンの代表であるエアームドと同タイプであるためその考えに引っ張られ受けポケモンとして見られることが多かったのですが、最近になって「ダイジェット」を使うことで攻め側に転じられることに多くのプレイヤーが気付き、それを見据えた持ち物や努力値配分が使われるようになりました。
特に、素早さに振った「ラムのみ」持ち型で普段は「はねやすめ」で受けに回るものの、タイミングを見計らってダイマックスし「ダイジェット」で一転攻勢するといった使われ方が増えています。

Aランク

トゲキッス

以前のランクから1つ落ちAランクとなりました。広い技範囲のおかげで多くのポケモンに対して殴り合いで勝てるものの、同ランクかつ圧倒的採用率を誇るバンギラスとドリュウズに対して弱く、またそれらはこちらの交代を許してくれるような優しいポケモンではないため、ポテンシャルは高いですが少し使い辛い環境といった印象を受けます。
一方、これまでは「じゃくてんほけん」と「ラムのみ」の2つが主流でしたが「ピントレンズ」持ちの強運型が出現し、型の多様性が生まれるといった追い風もありました。さらに新たな型が生まれる余地のある豊富な習得技のおかげでまだまだ最強の1体に戻り得るポケモンです。

↓ピントレンズ持ち強運型トゲキッスの育成論はこちら↓

Bランク

ギャラドス

環境初期に流行ったものの受けへの対抗策を持たないためすぐに評価の落ちたギャラドスですが、最近になって技「ちょうはつ」と持ち物「ラムのみ」を持つことで受けポケモンに対して「りゅうのまい」を積み返り討ちにできることが知られ再評価されています。同時に、この2つの技を使用するためにサブウェポンを捨てているためロトム(水)に止められてしまうという弱点も生まれました。

ヒヒダルマ

「こだわりハチマキ」を持つことでほとんどのポケモンの受けを不可能にし、上から倒そうとしようものなら「こだわりスカーフ」でさらに上を取られ倒されてしまうという、持ち物じゃんけんを押し付けられます。また、パーティにいるだけで相手の選出を制限できるためそれを利用できるかどうか、プレイヤーの腕次第でかなり強さの変化するポケモンです。

サザンドラ

前回のランキングではミミッキュより速い点と受けを崩せる点が評価されSランクに君臨していましたが、受けポケモンが減ると同時に受けパーティには露骨な対策をされ、さらには一般ポケモンに対してダイマックスを切らないと対面から勝てることが少ないことが露見し大きく評価を落としました。
と言ってもその高い数値と一貫性の高い悪技は唯一無二のモノで、スカーフ型による奇襲やダイマックスした時の崩しは強力なので、まだまだ一線級のポケモンであり続けるだろうと予想されます。

Cランク

パッチラゴン

特性「はりきり」がダイマックス技に対して威力上昇補正だけ乗せ命中率は下げないという仕様と技「ダイジェット」によって上から高火力を押し付ける動きが強力です。採用率の高いポケモンの多くが電気タイプに耐性がないので通るときは簡単に勝利をもたらしてくれますが、採用率最上位のドラパルト・ミミッキュ・ドリュウズに壊滅的に弱く安定性が低いことが目立ちます。

Dランク

ラプラス

ドヒドイデ+ヌオーという受け構築のテンプレに対し「みがわり」と「フリーズドライ」を駆使することで一方的に勝つことができます。また、裏によく採用されるアーマーガアすら倒してしまうのどスプレー型なども開発され、受けキラーとしては高い性能を誇ります。

Eランク

よく見る並び

スタンダード

パーティにドリュウズがいた場合のミミッキュとドラパルトの同時採用率はそれぞれ41.3%、50.0%とかなり高い確率でこれらのポケモンは同じ構築に入っています。また、ドリュウズとドラパルトは様々な型が存在し常に流行りが変化しているため、これらを相手にするためには常に最新の情報を追うことが求められます。

ステロ展開

カバルドンのステロ欠伸展開で相手のポケモンの「きあいのタスキ」を潰した後、裏から強力な「ダイジェット」持ちポケモンを出し全抜きを狙います。考えることが多いですが目指すべきゴールが最初から見えているため初心者にもオススメできる構築です。

終わりに

以上がシリーズ1最後の環境調査・考察となります。各々の目標を達成するにあたってこの情報を活用していただければ幸いです。
シリーズ2も集計を続けていく予定ですので、更新情報をチェックできる公式アカウント(@Pokesol_info)のフォローをよろしくお願いします。

Twitterでフォローしよう