注目記事
【ポケモン剣盾】トゲキッスの型・調整・育成論まとめ

基本データ

名前トゲキッス
タイプ 
特性はりきり てんのめぐみ きょううん
けたぐり・くさむすびの威力60
特性「てんのめぐみ」

自身の技の追加効果が発動する確率が2倍になる。

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
85509512011580545

タイプ相性

相性タイプ
×4
×2    
×0.5 
×0.25 
×0 

同時採用率TOP10トゲキッス

※シーズン6前期

順位ポケモン種族名同時採用率
1ドラパルトドラパルト50.42%
2ミミッキュ48.44%
3ドリュウズドリュウズ45.33%
4カビゴンカビゴン42.78%
5ロトム(水)ロトム(ウォッシュ)26.35%
6ナットレイナットレイ18.70%
7ギャラドスギャラドス18.41%
8カバルドンカバルドン14.16%
9ヒヒダルマ(ガラル)13.88%
10ラプラス13.60%

トゲキッスの特徴

長所

タイプ一致「ダイジェット」が使える飛行タイプ

今作で最も明確な勝ち筋となりやすい超強力なダイマックス技「ダイジェット」をタイプ一致で使用できます。
飛行タイプ以外は「ダイジェット」が全抜きのための下準備、積み技のような感覚で使用されますが、飛行タイプであるトゲキッスは「ダイジェット」そのものがメインの攻撃となるためノータイムで最大火力を押し付けることができます。

環境最高峰の種族値

トゲキッスは現環境で8番目に高い合計種族値を持っており、さらに使用しないステータスである攻撃がかなり低いため実質種族値(対戦に影響しないステータスを除いた実質的な種族値合計)が非常に高いです。

短所

明確に苦手なポケモンが存在する

他のトップメタポケモンは多少の有利不利があっても型と状況次第ではその相性関係を覆すことが可能ですが、トゲキッスはバンギラスやラプラスなど覆すのがかなり難しい明確な不利相性が存在します。
試合中にこれらのポケモンを温存されてしまうとトゲキッスの活躍は絶望的で、トゲキッスを最終的な勝ち筋とする場合がほとんどなので負けに直結してしまいます。

主な育成論

※存在する全ての型ではなく、編集部が特に重要であると判断した型のみ掲載しています。
また、本記事で紹介する育成論と参考構築様の型が一致しない場合があります。

命の珠型

特性てんのめぐみ
性格ひかえめ
持ち物いのちのたま
努力値 HP:4 攻撃:0 防御:0 特攻:252 特防:0 素早さ:252
実数値161-49-115-189-135-132
エアスラッシュ マジカルシャイン だいもんじ くさむすび
入れ替え候補技かえんほうしゃ ハイパーボイス げんしのちから わるだくみ
ポイント

・ダイマックス時の最高火力である「いのちのたま」で前準備なしに全抜き
・相手のダイマックスポケモンをも確定1発に

努力値調整

HP:端数
C:特化
S:準速

役割

エース、ダイマックス

解説

「いのちのたま」で強化されたタイプ一致「ダイジェット」で素早さを上げながら全抜きを狙います。
持ち物「いのちのたま」の補正により「ダイフェアリー」でダイマックスドラパルトやダイマックスパッチラゴンを1撃で倒せることが他の型との大きな違いです。
基本的な運用方法は終盤のエースですが、初手で出して複数の相手のポケモンを削ることも可能です。

参考パーティ

トゲキッスサザンドラギルガルドナットレイドヒドイデ
【ポケモン剣盾】最終23位 サザンガルド入りトゲキッス スタンダード【構築記事】
使用者:A0(@A0tter_

弱点保険型

特性てんのめぐみ
性格ひかえめ
持ち物じゃくてんほけん
努力値 HP:52 攻撃:0 防御:252 特攻:52 特防:4 素早さ:148
実数値167-49-147-161-136-119
エアスラッシュ マジカルシャイン かえんほうしゃ わるだくみ 
入れ替え候補技だいもんじ ハイパーボイス でんじは あさのひざし
ポイント

・耐久振り+「じゃくてんほけん」による圧倒的なタイマン性能
・「じゃくてんほけん」が発動すればそのまま勝利も

努力値調整

C:余り
HB:ダイマックス時、「こだわりハチマキ」を持った192(252)ガラルヒヒダルマの「つららおとし」を確定耐え
S:1段階上昇時、最速アイアント抜き

役割

タイマン、エース、ダイマックス

解説

ダイマックスさえすればほぼどんな攻撃も耐えることができます。
これを活かして不利対面すら強引に居座り、「ダイジェット」で素早さ関係を逆転させることで、こちらは2回攻撃ができタイマン勝負を制することができます。
また、この時に弱点攻撃を受けていた場合「じゃくてんほけん」で火力の底上げが行われるので、途端にすべてをなぎ倒すエースポケモンへと変貌します。

参考パーティ

アーマーガアドラパルトドリュウズカビゴントゲキッス
【最終26位】対面+サイクル+積み【剣盾シーズン3】
使用者:CR7(@CR7_xxxx

ラムの実型

特性てんのめぐみ
性格おくびょう
持ち物ラムのみ
努力値 HP:4 攻撃:0 防御:0 特攻:252 特防:0 素早さ:252
実数値161-49-115-172-135-145
エアスラッシュ マジカルシャイン かえんほうしゃ わるだくみ
入れ替え候補技だいもんじ くさむすび ハイパーボイス
ポイント

・「ラムのみ」で1度「どくどく」を無効化し受けを崩す
・ダイマックス対策の「あくび」への耐性

努力値調整

HP:端数
C:振り切り
S:最速

役割

エース、崩し、ダイマックス

解説

他の持ち物と違って火力を上昇させることができないので「わるだくみ」を積む機会を作りやすい構築に採用されることが多いです。
他のポケモンの壁や「あくび」などでサポートし「わるだくみ」を積み、止めに来た相手の「あくび」持ちを「ラムのみ」で返り討ちにします。
また、ドヒドイデの「どくどく」にも耐性を持つことができるので受けループ系の構築を崩すことも可能です。

参考パーティ

ドラパルトカビゴントゲキッスナットレイロトム(水)
【剣盾シングルs3最終14位】カビナット鬼火サイクル
使用者:よしまさ(@yoshiarutsu

スカーフ型

特性てんのめぐみ
性格おくびょう
持ち物こだわりスカーフ
努力値 HP:4 攻撃:0 防御:0 特攻:252 特防:0 素早さ:252
実数値161-49-115-172-135-145
エアスラッシュ マジカルシャイン かえんほうしゃ トリック
入れ替え候補技だいもんじ わるだくみ あさのひざし
ポイント

・「エアスラッシュ」の怯みを押し付けダイマックスを誘発
・「トリック」で有利展開を生み出す

努力値調整

HP:端数
C:振り切り
S:最速

役割

初手、スイーパー、起点作り

解説

ダイマックスが無い場合、最もテンプレートな型です。
前世代までと同じように「こだわりスカーフ」の素早さ上昇による「エアスラッシュ」の怯み押し付けも強力ですが、今作は「トリック」が特に強いです。
現環境で「トリック」を無効化できるのはカセット持ちのシルヴァディと特性「ねんちゃく」だけなので、ほぼ確実に「トリック」で「こだわりスカーフ」を押し付けることができます。

参考パーティ

ドラパルトカビゴントゲキッスドリュウズ
【剣盾シングルシーズン4】運だけグッドスタッフ【最終10位】
使用者:くろもち(@curoGMmt

残飯型

特性てんのめぐみ
性格ひかえめ
持ち物たべのこし
努力値 HP:180 攻撃:0 防御:4 特攻:156 特防:4 素早さ:164
実数値183-49-116-176-136-121
エアスラッシュ わるだくみ でんじは みがわり
入れ替え候補技かえんほうしゃ あくび
ポイント

・「でんじは」と「エアスラッシュ」でまひるみを狙う
・低速ポケモンを起点にした後「ダイジェット」で全抜き

努力値調整

HP:余り
C:2段階上昇時、「エアスラッシュ」で267-131(252-4)カビゴンを乱数3発(93.5%)
S:麻痺した「こだわりスカーフ」持ち最速ヒヒダルマ抜き

役割

崩し

解説

「でんじは」を撃ち相手を麻痺にすることで、「みがわり」連打による痺れ待ちから「わるだくみ」を積むことができます。
また、麻痺した相手が「エアスラッシュ」を受けて動ける確率は30%(命中を考慮すると33.5%)なので、「わるだくみ」を積まずまひるみによる強引な突破を試みることも可能です。
基本的には「エアスラッシュ」の追加効果を狙うためにダイマックスせずに戦いますが、「わるだくみ」を積んだり相手を十分に削った後「ダイジェット」を撃つことで試合を終わらせに行く動きも強力です。

参考パーティ

カバルドンドラパルトトゲキッスアーマーガア
s3
使用者:haban(@subriina_

ピントレンズ型

特性きょううん
性格ひかえめ
持ち物ピントレンズ
努力値 HP:4 攻撃:0 防御:0 特攻:252 特防:0 素早さ:252
実数値161-49-115-189-135-132
エアスラッシュ マジカルシャイン だいもんじ くさむすび
入れ替え候補技げんしのちから わるだくみ
ポイント

・「ピントレンズ」+「きょううん」の相乗効果により急所確率が50%に
・相手の想定を超える火力や壁・能力上昇貫通が強力

努力値調整

HP:端数
C:特化
S:準速

役割

エース、ダイマックス

解説

威力期待値が通常の1.25倍と「いのちのたま」の1.33倍には届きませんが、反動ダメージなどデメリットがないことと壁構築やステータス上昇による要塞化への回答となれる点が特徴です。
オーロンゲによる壁展開や「コスモパワー」持ちピクシーが苦手な場合採用すると良さそうです。

トゲキッスと相性が良いポケモン

「わるだくみ」の起点作りができるポケモン

カビゴンは「あくび」を使うことで相手の選出を複数体確認しながらトゲキッスの起点を作ることができます。
また、ロトムは「トリック」をドラパルトに使うことで技を「ドラゴンアロー」に固定し、トゲキッスが「わるだくみ」を使用する隙を作ることができます。

トゲキッスの対策

相性有利ポケモンを採用

これらのポケモンは環境でも特にトゲキッスに強く、型次第では後出しから打ち勝つことすら可能です。
また、素の性能もかなり高いポケモンであるのでトゲキッスが苦手な場合はこの3体のいずれかをメインにして構築を組み始めると良いかもしれません。

性能の高いポケモンで殴り合う

この2体は高い性能を持っていることからパーティに採用しやすく、その中でもトゲキッスに対して微有利程度の相性関係であるため純粋な殴り合いとなった場合打ち勝つことができます。
ただし、上で紹介したポケモンのように後出しから対処できるほどではないため、上手く対面を作ったりこちらのポケモン誰か1体を捨てる必要があります。

Twitterでフォローしよう