注目記事
【ポケモン剣盾】ナットレイの型・調整・育成論まとめ

基本データ

名前 ナットレイ
タイプ 
特性てつのトゲ きけんよち
けたぐり・くさむすびの威力100
特性「てつのトゲ」

直接攻撃を受けると相手に最大HPの1/8のダメージを与える。

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
74941315411620489

タイプ相性

相性タイプ
×4
×2
×0.5       
×0.25 
×0

採用率TOP10ナットレイ

※シーズン6前期

順位ポケモン種族名同時採用率
1ドラパルトドラパルト58.03%
2ミミッキュ51.81%
3トゲキッストゲキッス34.20%
3ドリュウズドリュウズ26.94%
5ロトム(炎)ロトム(ヒート)23.83%
6カビゴンカビゴン22.80%
7ロトム(水)ロトム(ウォッシュ)21.24%
8アシレーヌ15.54%
9ギャラドスギャラドス15.03%
9ホルード15.03%

ナットレイの特徴

長所

弱点の少なさと高い防御種族値で幅広い相手に後出しができる

ナットレイは耐性が10コに弱点が2コと優秀なタイプに加えて防御、特防の種族値が共に高く、総じて高い防御性能を持ちます。
努力値を防御に割いてミミッキュやギャラドスなどの物理ポケモンを数値で受けながら、特殊方面も耐性を活かしてロトム水やアシレーヌを受けたりと、このポケモン1体で広範囲のポケモンに後出しが可能です。

強力な攻撃技を多く覚える

ナットレイの攻撃種族値は高くありませんが、覚える技の威力が高く、特に「ジャイロボール」が低い素早さと噛み合っています。
最遅にした個体(実数値22)は、実数値132以上の相手に最大威力の150で撃つことができその他にも「パワーウィップ」や高いぼうぎょを活かせる「ボディプレス」を覚え、種族値以上の火力を出せます。

短所

使いやすい回復技を覚えない

ナットレイは受け寄りの役割を持ちやすいポケモンですが、「こうごうせい」のような高速回復技を覚えないため回復は「やどりぎのタネ」に頼るしかありません。
これにより、回復量が追い付かずに押し切られたり、外しによって受け切れなくなることもあります。

多くのポケモンに後出しができるからといって、複数の相手をこのポケモンに一任すると回復が追い付かないので、役割や繰り出す場面を適切に判断する必要があります。

不意の炎技で何もできず倒されてしまう

ナットレイへのメタとしてカビゴンやギャラドスが「ヒートスタンプ」「だいもんじ」を持っていることもあり、これらに後出しする前提で考えていると何もできずに倒されてしまうこともあります

主な育成論

※存在する全ての型ではなく、編集部が特に重要であると判断した型のみ掲載しています。
また、本記事で紹介する育成論と参考構築様の型が一致しない場合があります。

鉄壁型

特性てつのトゲ
性格のんき
持ち物たべのこし
努力値 HP:252 攻撃:0 防御:252 特攻:0 特防:4 素早さ:0
実数値181-114-201-x-137-22
ジャイロボール ボディプレス やどりぎのタネ てっぺき
入れ替え候補技パワーウィップ はたきおとす
ポイント

・「てっぺき」+「ボディプレス」は受けるだけでなく全抜きまでしかねない火力
・交換が予想される場面は「やどりぎのタネ」を撃ちながらサイクルを回す

努力値調整

HP:振り切り
B:可能な限り受けられる範囲を広げ、「ボディプレス」の火力も上がるため特化
S:「ジャイロボール」の火力を上げるため最遅

役割

物理受け、サイクル

解説

努力値を防御に振り切り、物理技主体のポケモンに繰り出して相性の良い「てっぺき」+「ボディプレス」のコンボで切り返していきます。
「てっぺき」を一度積んでしまえば物理技では弱点を突いても一発で落とすことは困難で、「ボディプレス」連打で全抜きしてしまうこともあります。
また、「ボディプレス」はお互いの有効打に乏しいナットレイミラーにも強く出ることができます。
特殊炎技持ちポケモンへの交換が予想される場面では「やどりぎのタネ」で回復しつつ、こちらも交換して『サイクル戦』へと持ち込みます。

持ち物はサイクル戦に適した「たべのこし」を持たせていますが、ギャラドスやミミッキュにダイマックス技で押し切られにくくなる「フィラのみ」なども一考です。

参考パーティ

やどまも型

特性てつのトゲ
性格のんき
持ち物たべのこし
努力値 HP:252 攻撃:0 防御:252 特攻:0 特防:4 素早さ:0
実数値181-114-201-x-137-22
ジャイロボール ボディプレス やどりぎのタネ まもる
入れ替え候補技パワーウィップ ステルスロック はたきおとす
ポイント

・「やどりぎのタネ」+「まもる」で体力を維持し、サイクル戦を制する

努力値調整

HP:振り切り
B:可能な限り受けられる範囲を広げるため特化
S:「ジャイロボール」の火力を上げるため最遅

役割

物理受け、サイクル

解説

他の型と同じように物理技に受け出していった後、基本行動として「やどりぎのタネ」を押し、「まもる」で回復量を稼ぐことでナットレイを長持ちさせるようにした型です。
特殊炎技を撃ってくるポケモンを繰り出されたとしても、交換際に「やどりぎのタネ」を当てながらサイクルを回すことでこちらはHPを維持しながら相手を消耗させていきます。

参考パーティ

ギャラドスナットレイロトム(炎)カバルドンドラパルト
ヒトムナットGALAXY 【S4 最終24位】
使用者:zenoha(@zenoha0477

ドラパルトトゲキッスカビゴンナットレイ
【剣盾シングルs5最終37位】発狂カビミミラプラス
使用者:よしまさ(@yoshiarutsu

襷ステロ型

特性てつのトゲ
性格のんき
持ち物きあいのタスキ
努力値 HP:252 攻撃:0 防御:164 特攻:0 特防:92 素早さ:0
実数値181-114-189-x-148-22
ジャイロボール はたきおとす やどりぎのタネ ステルスロック
入れ替え候補技パワーウィップ ボディプレス
ポイント

・ナットレイを見て出てくるヒヒダルマを返り討ちに
・不利対面でも強引に「ステルスロック」を撒ける

努力値調整

HP:振り切り
HB:ステルスロック+攻撃2段階上昇「いのちのたま」持ち142(252)ミミッキュの「ダイホロウ(ゴーストダイブ)」を確定耐え
D:特殊水タイプに役割を持つため余り全て
S:ジャイロボールの威力強化のため最遅

役割

物理受け、起点作り

解説

「きあいのタスキ」を持たせることで、ナットレイを一撃技や高威力の弱点技で一発で落としに来たポケモンに対して強引に「ステルスロック」を撒いたり、ガラルヒヒダルマやトゲキッスには返しの「ジャイロボール」で大ダメージを与えることができます。
「きあいのタスキ」を持ってはいるものの、ナットレイ本来の後出し性能を維持するため努力値は耐久に振り切っています。
今となってはテンプレの一つと言ってもいい型ですが、高耐久ポケモンのナットレイに「きあいのタスキ」を採用することは従来のセオリーからは外れており、相手に読まれにくいのが強みです。

ただ、「エアスラッシュ」で怯ませられたり、「トリック」で「きあいのタスキ」を奪いながら「ジャイロボール」を耐えられたり、素早さの遅いトゲキッスに「ジャイロボール」を耐えられるなど上手くいかないことも多いです。

参考パーティ

ドリュウズドラパルトナットレイ
【週末大会優勝!気合の襷ナットレイ軸 願い事サイクル】
使用者:澤村 ( @Sawamu_raaaaa )

カビゴンナットレイドリュウズ
【剣盾S5使用構築】コタリザミミッキュ【最終47位】
使用者:えがか ( @egaka_0919 )

ナットレイと相性が良いポケモン

水タイプ

ナットレイを倒すために炎タイプのポケモンを選出してきた相手に対して、ナットレイ側は水タイプのポケモンを組み合わせることで炎タイプを逆に崩しの起点にすることができます。
交換で受けに行って『サイクル戦』を仕掛けたり、ナットレイを「ステルスロック」などを撃ちながら落として、炎タイプの前で積み技を使い一気に勝負を決めに行ったりと選択肢も豊富です。

「とんぼがえり」「ボルトチェンジ」を採用したポケモン

「とんぼがえり」や「ボルトチェンジ」は使い手が不利対面を取った際に相手にダメージを与えながら交換ができる便利な技ですが、裏が耐久の低いポケモンばかりだと交換先が大きな被害を受けてしまいます。
その点、ナットレイは多くのポケモンに低リスクで後出しが可能なため、「とんぼがえり」「ボルトチェンジ」後の受け先としてとても優秀です。

ナットレイの対策

炎タイプのポケモン

ナットレイは炎技を4倍で受けてしまう上に、炎タイプのポケモンに対して高い打点を持てません。
ナットレイを積み技の起点にしたり後続のポケモンに対して交換読みをする余裕もあるので、シンプルですが炎タイプのポケモンをパーティに採用するだけでナットレイは相当動きにくくなります。

考慮し辛いポケモンの炎技

炎タイプのポケモンは当然ながらナットレイには有利を取れますが、ただ繰り出しただけでは交換で逃げられてしまいます。
そこでカビゴンや物理型のドラパルトといったナットレイで受けにいきたいポケモンに炎技を仕込むと、ナットレイに炎技を直撃させやすい状況を作れます。
タイプ不一致の炎技一発程度ではHP満タンのナットレイは落とせませんが、この時点で本来の物理を受ける役割を果たすことは困難になっているはずです。
たとえ次のターン以降交換で逃げられたとしてもナットレイに高火力物理技を受けるHPは残っていないので、「ダイホロウ」などで追撃し相手のサイクルを崩しましょう。

拘り+「トリック」で行動を制限する

基本的には「やどりぎのタネ」など補助技から入ることの多いナットレイには「トリック」が有効で、「こだわりメガネ」や「こだわりスカーフ」を押し付けたターンに「やどりぎのタネ」や「ステルスロック」を選択していると次のターンの交換を余儀なくされ、ペースを乱すことができます。
また、「たべのこし」や「きあいのタスキ」を奪って耐久力を削げるのも大きく、「こだわりスカーフ」を渡しても素早さが上がるメリットを逆手に取られることもありません。

「まもる」を採用した型には様子を見てから「トリック」を見てから交換されることもあるので、交換先が多い序盤には決まりにくいのが欠点です。

一撃技を連打する

高耐久型ポケモンの宿命ですが、相手を一発で落とす手段に乏しいナットレイも例に漏れず「つのドリル」や「ぜったいれいど」の一撃技連打が有効です。
ナットレイはダイマックス技も「ジャイロボール」以下の威力しか出ないことがほとんどなので、ダイマックスを切って反撃してくる怖さも他のポケモンと比べるとあまりありません。

Twitterでフォローしよう