注目記事
【ポケモン剣盾】ランクマッチ シングルバトル集計とその考察【シーズン3前期】

2020年2月1日から13日にかけて、「ランクマッチ シングルバトル」の「マスターボール級」で使用されているポケモンの数を集計しました。
また、今回のデータと以前掲載した「シーズン2後期の集計結果」とを比較し、環境がどのように推移しているかを考察します。

↓前回(シーズン2後期)の集計結果はコチラ↓

使用率集計

・集計数:1000試合
・集計ランク:マスターボール級
・期間:2020/2/1~2020/2/13

順位 種族名 採用数 採用率 変動
1位 ミミッキュ 430 43.00%
2位 ドラパルト 407 40.70%
3位 ドリュウズ 322 32.20%
4位 トゲキッス 295 29.50%
5位 ギャラドス 245 24.50% ↑↑
6位 サザンドラ 241 24.10%
7位 カビゴン 226 22.60%
8位 アーマーガア 218 21.80%
9位 ロトム(ウォッシュ) 180 18.00%
10位 ギルガルド 165 16.50%
11位 カバルドン 161 16.10%
12位 ロトム(ヒート) 140 14.00% ↑↑
13位 バンギラス 128 12.80%
14位 エースバーン 126 12.60%
15位 ヒヒダルマ(ガラル) 117 11.70% ↓↓
16位 ナットレイ 100 10.00%
17位 ニンフィア 99 9.90%
18位 ドヒドイデ 95 9.50%
19位 オーロンゲ 92 9.20%
20位 パルシェン 83 8.30% ↓↓
21位 ロトム(カット) 76 7.60% ↑↑
22位 パッチラゴン 75 7.50%
23位 ラプラス 74 7.40%
24位 アイアント 66 6.60%
25位 ブラッキー 65 6.50%
26位 ウオノラゴン 64 6.40%
27位 リザードン 58 5.80%
28位 エルフーン 54 5.40%
29位 ガマゲロゲ 50 5.00% ↓↓
30位 トリトドン 48 4.80%
31位以下
31位ドサイドン474.70%
32位ウインディ454.50%
33位ローブシン424.20%
34位サニーゴ(ガラル)414.10%
35位シャンデラ404.00%
35位インテレオン404.00%
37位ジュラルドン393.90%
38位オノノクス383.80%
39位メタモン363.60%
40位ミロカロス353.50%
41位ルカリオ333.30%
42位ホルード323.20%
43位ヌオー303.00%
43位タイプ:ヌル303.00%
45位ルチャブル292.90%
46位マホイップ282.80%
47位ブリムオン272.70%
48位ゴリランダー252.50%
48位コオリッポ252.50%
50位コータス242.40%
50位タチフサグマ242.40%
52位シザリガー232.30%
52位ネギガナイト232.30%
54位マンムー222.20%
54位ポットデス222.20%
56位ゲンガー212.10%
56位グレイシア212.10%
58位サーナイト202.00%
59位ピクシー191.90%
59位ジャラランガ191.90%
61位マタドガス(ガラル)181.80%
61位キリキザン181.80%
61位ストリンダー(ローなすがた)181.80%
64位エーフィ171.70%
65位ヌメルゴン161.60%
66位クワガノン151.50%
67位ギガイアス141.40%
67位セキタンザン141.40%
69位ランターン131.30%
69位バンバドロ131.30%
69位ストリンダー131.30%
72位バイウールー121.20%
73位ニダンギル111.10%
73位エレザード111.10%
73位エンニュート111.10%
73位グソクムシャ111.10%
73位トゲデマル111.10%
78位シャワーズ101.00%
78位ネイティオ101.00%
78位ロトム(スピン)101.00%
78位マルヤクデ101.00%
82位シルヴァディ90.90%
83位バタフリー80.80%
83位ルンパッパ80.80%
83位ドータクン80.80%
83位チラチーノ80.80%
83位クレベース80.80%
88位デンチュラ70.70%
88位バルジーナ70.70%
88位ヨクバリス70.70%
88位サダイジャ70.70%
88位モスノウ70.70%
93位ピカチュウ60.60%
93位オンバーン60.60%
93位ナマコブシ60.60%
93位モルペコ60.60%
97位ブースター50.50%
97位オクタン50.50%
97位ドラピオン50.50%
97位リーフィア50.50%
97位ゴチルゼル50.50%
97位ブルンゲル50.50%
97位カラマネロ50.50%
97位ワタシラガ50.50%
97位カジリガメ50.50%
106位キュウコン40.40%
106位サイドン40.40%
106位キレイハナ40.40%
106位ペリッパー40.40%
106位オニゴーリ40.40%
106位ロズレイド40.40%
106位エルレイド40.40%
106位ズルズキン40.40%
106位ランクルス40.40%
106位ウォーグル40.40%
106位ゴロンダ40.40%
106位アブリボン40.40%
106位パルスワン40.40%
106位ウッウ40.40%
106位カマスジョー40.40%
106位バチンウニ40.40%
122位ダグトリオ30.30%
122位ウソッキー30.30%
122位ハガネール30.30%
122位カポエラー30.30%
122位デスカーン30.30%
122位バイバニラ30.30%
122位ガメノデス30.30%
122位キテルグマ30.30%
122位オトスパス30.30%
122位デスバーン30.30%
122位イエッサン(オス)30.30%
133位ラフレシア20.20%
133位カイリキー20.20%
133位ギャロップ(ガラル)20.20%
133位サワムラー20.20%
133位ツボツボ20.20%
133位テッカニン20.20%
133位ヌケニン20.20%
133位ヤミラミ20.20%
133位フライゴン20.20%
133位フワライド20.20%
133位ドクロッグ20.20%
133位ユキノオー20.20%
133位マニューラ20.20%
133位ダゲキ20.20%
133位シンボラー20.20%
133位ペロリーム20.20%
133位パンプジン20.20%
133位オニシズクモ20.20%
133位アマージョ20.20%
133位ダダリン20.20%
133位タルップル20.20%
133位ダイオウドウ20.20%
155位イワーク10.10%
155位エビワラー10.10%
155位バリヤード10.10%
155位サンダース10.10%
155位イノムー10.10%
155位マッスグマ(ガラル)10.10%
155位ダーテング10.10%
155位クチート10.10%
155位ライボルト10.10%
155位サマヨール10.10%
155位チェリム10.10%
155位スカタンク10.10%
155位ユキメノコ10.10%
155位ムシャーナ10.10%
155位イワパレス10.10%
155位ユニラン10.10%
155位シュバルゴ10.10%
155位ギギギアル10.10%
155位ツンベアー10.10%
155位マッギョ(ガラル)10.10%
155位ゴルーグ10.10%
155位ニャオニクス(メス)10.10%
155位ジジーロン10.10%
155位イオルブ10.10%
155位フォクスライ10.10%
155位サニゴーン10.10%
155位バリコオル10.10%
155位イエッサン(メス)10.10%
155位パッチルドン10.10%
155位ウオチルドン10.10%

主な変動

ギャラドス(10→5)

シーズン2終盤に「カバルドン+ギャラドス+ミミッキュ+カビゴン」という並びが大流行し、現在はランク帯に関係なく流行しています。

「ラムのみ」を持った竜舞型などがメジャーとなった時期もありましたが、現在は「いのちのたま」持ちの4ウェポン型に回帰している印象です。
本サイトで何度も解説しているように、特性の「じしんかじょう」と「ダイジェット」を合わせた攻撃しながらの「りゅうのまい」が今でも変わらず強力で、「ダイジェット」圏内のポケモンとギャラドスが対面してしまうとそれだけで試合を決められるだけのパワーを持っています。

カビゴン(9→7)

上記のギャラドスと同様、カビゴンを採用した並びが前シーズンで流行し、その影響もあってランクバトルではかなり多く見かけます。

これまでは「あくび」を持った対面操作型がほとんどでしたが、最近では「はらだいこ」や「のろい」で能力を上げてから「キョダイサイセイ」で攻撃してくるアタッカー型も増え、対処が非常に難しくなっています。
さらに、このポケモンの活用方法も多岐にわたり、ただ後出しして「あくび」を使ったり積み技を積んでくるだけでなく、「トリックルーム」後のエースポケモンとしての採用も目立つようになりました。

アーマーガア(5→8)

ギルガルドやギャラドスの使用率が増加し、パーティの鋼枠やダイジェット枠を取り合うような形で数を減らしてしまいました。
また、前シーズンがTOD環境であったせいで遂行速度の遅いこのポケモンはあまり使われず、その印象に引っ張られて使用率が減っているようにも思われます。
しかし、環境が向かい風であるわけでもこのポケモンの性能が低いわけでもなく、総合時間が増えTODもかなり減ったためシーズン1とほぼ変わらない活躍を見せています。

「ラムのみ」を持ったダイジェットエース型、同じくダイジェットエースである弱保型、ダイマックスミミッキュをも受けられる「オボンのみ」持ちの物理受け型などが使われています。

ガラルヒヒダルマ(7→15)

着々と数を増やしているギルガルド入りに対して、「キングシールド」で技を見られてから動かれると簡単に対処されてしまい、環境的に動き辛くなってしまっています。
他にも、流行りのギャラドス+カビゴンに対してカビゴンの特性「あついしぼう」のせいで技が一貫せず、活躍が難しいです。

また、ヒヒダルマの型の開拓が進んでおらず、序盤から型の決めつけを食らってしまいがちである点も弱みの1つです。

よく見る並び

スタンダード

これらのポケモンはタイマン性能・崩し性能・ストッパー性能のどれを取っても優れており、明確なコンセプトを設けていないスタンダードなパーティには必ずと言っても良いほど採用されています。

境の動きによってこれらのポケモンの型の流行り廃りが目まぐるしく動いており、豊富な習得技のおかげで新しい型も早いペースで誕生しているため、最新情報の把握がスタンダードパーティに勝つための条件であると言えます。

カバギャラ

カバルドンやミミッキュで相手のポケモンを削り、ギャラドスで全抜きすることを目指したパーティです。

カバルドンやミミッキュなどの展開要因に手間取ってしまうとこちらのポケモンがギャラドスの「ダイジェット」圏内に入ってしまい、「じしんかじょう」と合わせて攻撃と素早さのランクを上昇させられてしまいます。
これのせいで、こちらの後続のポケモンをダイマックスさせてギャラドスを対処しようとしても殴り勝つのは難しいです。
そのため、これらのポケモンへの明確な対策を事前に用意し、ギャラドスの「ダイジェット」圏内まで削られないように立ち回る必要があります。

カビゴンは「あくび」でこちらのダイマックスポケモンを流そうとしてくる型や「キョダイサイセイ」を撃ってくるエース型、さらには序盤に雑に殴り合って試合を動かしてくるチョッキ型など様々で、選出段階で型を絞るのはかなり難しいです。

ヌルアント

タイプ:ヌルの「とんぼがえり」で試合を動かし、アイアントで相手を倒せる対面を作ることを目的としたパーティです。

アイアントは特性「はりきり」のせいで非常に高い火力を持っているため、このポケモンより遅いポケモンばかりではまず間違いなく3タテされてしまいます
かといって速くて耐久の低いポケモンを使用すると「であいがしら」によって先制で倒されてしまうため、このパーティに勝つには単純にどの数値も高いスペックの高いポケモンを使用するか、アイアント以外の対面で「ダイジェット」を使用しアイアントの上を取れるよう立ち回る必要があります。

トリルパ

ミミッキュの「トリックルーム」でドサイドンを活躍させるパーティーです。

初手に置かれやすいギルガルドは数値が高くこちらのダイマックスの使用を誘ってきますが、ダイマックスを切った状態で相手のダイマックスドサイドンを倒すのはほぼ不可能であるため、多少の被害を受けることは覚悟してギルガルド対面でのダイマックスを堪えるようにしましょう。

また、最近ではドサイドンではなくカビゴンをトリルエースとして採用しているパターンも多く、ミミッキュ+カビゴンという並びを見たらドサイドンと同様に「トリックルーム」を警戒する必要があります。

終わりに

以上、シーズン3前期分の集計でした。
ポケモンHOMEがリリースされたものの、待望されていた集計機能などはまだ実装されていないため、私たちの集計はもう少し続きそうです。
次回もよろしくお願いします。

Twitterでフォローしよう