注目記事
【ポケモン剣盾】よく使う対戦用語集

あ行

相性補完

ポケモンAの弱点を補うために採用されるポケモンBのこと。
また、ポケモンAとBの関係のこと。

【使用例】サザンドラがフェアリータイプを弱点に持つため、相性補完としてギルガルドを採用した。
      サザンドラとギルガルドの相性補完が良い。

後出し

相手のポケモンに対して、こちらのポケモンを交代で繰り出すこと。

安定行動/安定択

そのターン相手が取ってくると考えられる全ての択に対して不利な状況に陥らない選択肢のこと。

育成論

1体のポケモンの型の1例を論じたもの。

一貫性

あるわざが、相手の選出した複数のポケモンすべてに対し、有効になるかどうかのこと。

【使用例】カバルドンとサザンドラに対して「れいとうビーム」の一貫性がある。

上から殴る

相手のポケモンに対して先制で攻撃すること。

受けポケモン

パーティ内で、相手の攻撃を受けることを役割として設定されたポケモンのこと。

受けループ

受けポケモンを複数採用し、回復技などを駆使して相手に倒されない状態を維持しながら戦う戦法のこと。
またはこの戦法を主軸にした構築のこと。

撃ち合い

攻撃技を出し合ってダメージレースを行うこと。

打ち逃げ

特定の技を使用したあと、すぐさま交代すること。
「りゅうせいぐん」や「オーバーヒート」など、デメリットがあるが強力なわざを使用する際によく用いられる。

後続のポケモンのこと。

【使用例】対面のサザンドラにはフェアリー技が抜群だが、裏のギルガルドを読んで「じしん」を選択した。

落ちる

ポケモンが瀕死状態になること。

【使用例】「じしん」で相手のギルガルドを落とした。

か行

回答

任意の戦術、ポケモンや技に対しての対策。

【使用例】サザンドラ+ギルガルドへの回答としてxxを採用した。

確定1発

特定のポケモンにダメージを与えたとき、最大HPに対するダメージの割合が100%以上であること。
50%以上なら確定2発、34%以上なら確定3発と言う。

仮想敵

技や道具などを決定する際の、具体的な理由となるポケモンや型のこと。

【使用例】仮想敵のギルガルドに対して打つ「じしん」を採用した。

硬い

耐久が高く突破されにくいこと。

「ひかりのかべ」や「リフレクター」、あるいは「オーロラベール」のこと。

起点

予定している戦術を遂行できる状況や、それを遂行する相手ポケモンのこと。また、その戦術を遂行すること。

【使用例】「がんせきふうじ」で裏のムラっけオニゴーリの起点を作る。

起点回避

起点にされる状況にならないようにすること。

崩し

耐久ポケモンやサイクルを突破する、または突破口を作ること。

【使用例】サザンドラ+ギルガルドをフェアリー・悪の範囲を持つxxで崩す。

グッドスタッフ

種族値やタイプ、特性、技などが強く、性能が高いとされるポケモンで固めたパーティのこと。

決定力

短いターンで多くのダメージを与える力のこと。
【使用例】ジュラルドンの「てっていこうせん」は決定力が高い。

攻撃指数

攻撃、または特攻実数値と技の威力を掛け合わせたもの。攻撃力の高さの指標として使われる。

交代読み

相手がポケモンを交代した場合に強い択を選ぶこと。

【使用例】対面のサザンドラに対してギルガルドへの交代読みで「じしん」を選択した。

拘る

「こだわりスカーフ」「こだわりハチマキ」「こだわりメガネ」の効果で技が固定されること。

誤魔化し

ある戦術、ポケモンまたは技に対して明確な対策とはならないものの、ある程度戦える状態にすること。

【使用例】悪タイプが一貫してしまっていてサザンドラが厳しかったが、ゲンガーの「みちづれ」で1:1交換をして誤魔化した。

昆布

「まきびし」や「ステルスロック」を撒いた後に「あくび」を使用し、交代したら定数ダメージが入り、居座ったら眠りになるという2択を押し付ける戦法のこと。
”コンボ”が訛って昆布と呼ばれるようになった。

さ行

サイクル

不利なポケモンに対して有利なポケモンを後出しし、ダメージレースを行う一連の流れのこと。

【使用例】相手のサザンドラに対してニンフィアを、ギルガルドに対してはホルードを後出しするサイクルをした。

最速

個体値・努力値・性格補正などを調整しポケモンの素早さを最大値まで上げた状態のこと。

最高乱数、最低乱数

ダメージ乱数の最大値と最小値のこと。

最遅(さいち)

ポケモンのすばやさを最低値まで下げた状態のこと。

サブウエポン

任意のポケモンの主力技となる技で足りない範囲を補うために採用する攻撃技のこと。

【使用例】サザンドラの「あくのはどう」を半減してくるフェアリータイプに抜群が取れるサブウェポンとして「ラスターカノン」を採用した。

自主退場

「だいばくはつ」「おきみやげ」などで自ら瀕死状態になること。

下から殴る

相手のポケモンに後攻で攻撃すること。

死に出し

場のポケモンが倒されて新しいポケモンを場に出すこと求められたタイミングでポケモンを繰り出すこと。

【使用例】ギルガルドのHPを削られたくないからサザンドラを捨ててギルガルドを死に出しした。

縛り

相手のポケモンを一方的に倒せる状況にあること。または、相手のポケモンを倒せる状態で交代を余儀なくさせている状態や、選出画面でこちらのあるポケモンを倒すために特定のポケモンを選出せざるを得なくさせている状態など、相手の選択を制限すること。

【使用例】ライチュウで相手のギャラドスを縛っている。

準速

性格補正をかけずに、素早さの個体値と努力値を最大にした状態のこと。

状態異常

ポケモンの状態のうち、ステータスに表示される”どく”や”まひ”などのこと。

状態変化

”こんらん”や”メロメロ状態”など、ステータスに表示されず交代されると解除される状態のこと。

数的不利/数的有利

瀕死でないポケモンの数が相手より少ない/多いこと。

捨てる

自身のポケモンを試合で勝利するためにあえて瀕死にさせること。

ストッパー

相手のポケモンに全抜きされることを阻止する役割のこと。

【使用例】「ばけのかわ」でどんな攻撃も1回無効化できるミミッキュをストッパーとして採用した。

選出

対戦に連れていくポケモンをパーティから選ぶこと。

全抜き

任意のポケモンで相手の残りポケモンをすべて倒すこと。

た行

耐久指数

HP実数値と防御、または特防実数値を掛け合わせたもの。耐久の高さの指標として使われる。

タイマン性能

1:1で殴り合った時の性能。種族値が高かったり、先制技を覚えたりするとこの性能が高くなりやすい。

対面構築

タイマン性能が高いポケモンで固めたパーティ。交代がない試合では理論上最強であるため、いかに相手に交換をさせないかが鍵になる。

耐え調整

仮想敵を設定し、その技を耐えるように 個体値・努力値・性格を調整すること。

選択肢のこと。または、じゃんけんのように、お互いが選ぶ行動によって正解の選択肢が違ってくる状況のこと。

厨パ

厨ポケで固められたパーティのこと。

厨ポケ

厨房(中学生を表すネットスラング)が使っても勝てるような強力すぎるポケモンのこと。転じて、性能の高いポケモンのこと。

釣り交換

相手の交代を読んでこちらもそれに合わせたポケモンに交換すること。

積み技

「つるぎのまい」や「めいそう」などの能力ランクを上昇させる技のこと。

定数ダメージ

ダメージ量が技の威力に依存せず、受けるポケモンの最大HPに依るダメージのこと。

展開

対戦の流れのこと。または、任意の戦術を遂行していくこと。

同速

相手のポケモンと実数値と自分のポケモンの素早さ実数値が同じであること。この2匹が同じ優先度の技や特性、交代を行った場合、先制するポケモンはランダムに選ばれる。

トラップ

場に設置される技のこと。技「ステルスロック」「どくびし」「ねばねばネット」「まきびし」によりそれぞれ設置される。

な行

流し

「あくび」や「ふきとばし」などの技を使ったり、相手に不利対面を押し付けたりして交代を強要すること。

投げる

場にポケモンを出すこと。

並び

ポケモンの組み合わせのこと。

【使用例】サザンドラとギルガルドの並び

抜き性能

全抜きを狙える性能のこと。

は行

半減実

弱点の技を受けると、ダメージを半減するきのみのこと。
「オッカのみ」や「ハバンのみ」などのことを指す。

フルアタ

技4つ全てが攻撃技であること。

補助技

攻撃技でない技のこと。

ま行

無振り

努力値を振っていないこと。

メインウエポン

主に使うタイプ一致の攻撃技のこと。

メタ

対戦外で行われる駆け引きのこと。ポケモンでは特に、対策のことや対策によって引き起こされる流行り廃りのことを指す。

や行

役割

対戦前、対戦後に定めた任意のポケモンに割り振った役目のこと。

役割破壊

意識外の技や持ち物などを使ったり、想定を超える火力や耐久などを用いて相手のポケモンに役割を遂行させないこと。

優先度

技や特性などに設定されている、ポケモンの素早さに関係なく行動順を決定する値。この値が高い方が先に行動し、同値であった場合は素早さが高い方が先制で行動する。

ら行

乱数

任意に与えられる数字のこと。ポケモンでは特に、与えるダメージがランダムに85~100%になることや、その16段階のダメージのことを言う。

乱数1発

ダメージ計算時の乱数によって、技が与えるダメージで相手を1発で落とせる場合とそうでない場合が存在すること。

両対応

相手の取り得る2つの択どちらに対しても不利を取らない択のこと。また、その択を選ぶこと。

わ行

ワンウエポン

技4つの内、攻撃技が1つしかないこと。

英字

EF / PF / GF / MF

それぞれエレキ・サイコ・グラス・ミストフィールドのこと。

略称正式名
EFエレキフィールド
PFサイコフィールド
GFグラスフィールド
MFミストフィールド

H/A/B/C/D/S

ポケモンが持つ6つの各ステータスの略語のこと。

HHPC特攻
A攻撃D特防
B防御S素早さ

TN

トレーナーネームのこと。

TOD

タイム・オーバー・デスの略。
時間切れによる勝ち判定を故意に狙う戦術のこと。

ポケモンの個体値が最大(31)であることをVと呼ぶ。これにより、個体値がすべて最大であることを6Vと呼ぶこともある。

数字

1:1交換

「みちづれ」や「だいばくはつ」、「いのちがけ」などを使用し、自分のポケモンと相手のポケモンが同時に瀕死になるようにすること。または、一方が瀕死になりつつも相手ポケモンがそれ以上役割を遂行できない状態まで追い込むこと。

2/3タテ

続けざまに相手のポケモンを2体、あるいは3体突破すること。

600族

バンギラスやジャラランガなど、種族値の合計が600のポケモンのこと。

2,3,4,6,8,10,16n

それぞれ2,3,4,6,8,10,16の整数倍の数字のこと。HP調整の際よく用いられる。

Twitterでフォローしよう