注目記事
【ポケモン剣盾】キョダイマックスカビゴンの仕様と持たせる木の実考察

ポケモンソルジャーのせつない(@fortune_36)です。

今回は、本日12月4日から解禁されたキョダイマックスカビゴンの仕様検証と、持たせるきのみの考察です。
12月6日に迫った剣盾初のインターネット大会、”ガラルビギニング”でも使用可能なので、必ず持っておきたい知識です。

記事の最後にキョダイマックスカビゴンの入手方法と、ガラルビギニングの参加手順をまとめたので、ぜひ参考にしていただければと思います!

キョダイマックスカビゴンの基本データ

ポケモン名(英名)カビゴン(Snorlax)
タイプノーマル
特性めんえき あついしぼう くいしんぼう
けたぐり・くさむすびの威力120
くいしんぼう

効果:HPが 少なくなったら 食べる きのみを HP 半分の 時に 食べてしまう。

詳しい効果は、残りHPが最大HPの1/4以下になったときに発動するきのみが、最大HPの1/2以下で発動するようになるというものです。
例えばフィラのみなどの1/3回復きのみや、チイラのみやスターのみなどの能力上昇きのみを普段より早く使うことができます

カビゴンの専用キョダイマックス技と非常に相性がいい特性です。

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
160110656511030540

専用技「キョダイサイセイ」

効果

名前タイプ追加効果
キョダイサイセイノーマル自分および味方がすでに使ったきのみを拾ってくることがある

きのみの復活条件

カビゴンといえば「リサイクル」できのみを無限に回収する型が有名で、それを彷彿とさせる追加効果が魅力的ですが、「キョダイサイセイ」の効果は、決してきのみを確実に拾えるわけではないようです。
恐らく、オーロットが持つ特性「しゅうかく」と同様の効果だと予想できます。
しかし検証の結果、「しゅうかく」と違い、”天候が晴れなら発動率100%”という仕様ではないようです。

発動率は現在不明ですが、かなり不安定な性能であることは間違いないです。

しかし、素早さが低いカビゴンは「ダイアタック」の効果を活かしづらいため、ガラルビギニングのようにキョダイマックスを使えるルールでは、通常個体より採用価値があります

※12/6追記
発動率を検証した記事をアップしましたので、ぜひご確認ください!

持たせるきのみ候補

フィラのみ(1/3回復きのみ)

名前効果
フィラのみHPが1/4以下のとき、最大HPの1/3回復する
攻撃に下降補正がかかった性格だと混乱する

今作から回復量が1/3に下方修正されました。
ダイマックス時の回復量は通常時と同じ(実質1/6)なので、目に見える回復量はかなり低く感じます。

発動条件が”HPが1/4になったとき”なので、特性「くいしんぼう」と組み合わせるのがメジャーです。

オボンのみ

名前効果
オボンのみHPが1/2以下のとき、最大HPの1/4回復する

特性「くいしんぼう」の効果が適応されないため、他の「めんえき」や「あついしぼう」で採用することができます
どちらも強力な特性なので、採用価値は十分にあります。
しかし、ダイマックス時の回復量が1/8と、かなり少ない点が気になります。

アッキのみ、タラプのみ

名前効果
アッキのみ物理技を受けると防御が1段階上がる
タラプのみ特殊技を受けると特防が1段階上がる

先ほど紹介した2つの回復きのみの欠点は、やはりダイマックス時の回復量が少ない点です。
能力上昇系のきのみはHPが高いカビゴンと相性がよく、打ち合い性能を各段にアップさせてくれます。
更に、このきのみも「くいしんぼう」の効果を受けないため、他の2つの特性で採用することができます

ヨプのみ

名前効果
ヨプのみ格闘技が弱点のとき、ダメージを半減する

弱点が格闘技のみのカビゴンと相性がいいきのみで、キョダイマックス技でうまく拾ってくることができれば、実質弱点なしのポケモンになります。
正直他のきのみより優先して採用されることはないですが、選択肢として紹介しました。

イバンのみ(未解禁)

名前追加効果
イバンのみHPが1/4以下のとき、先制で行動できる

特性「くいしんぼう」の効果によって、HPが1/2以下のとき使用できるようになります。

「はらだいこ」からの「キョダイサイセイ」で3ターン連続で「イバンのみ」を回収できれば、とてつもない制圧力を発揮できます。
他のきのみに比べて性能が段違いで高いため、キョダイマックスカビゴンをうまく使うには必須級のきのみです。

残念ながら現時点では未解禁ですが、「イバンのみ」解禁後はキョダイマックス使用可能ルールで猛威を振るうことが予想されます。

キョダイマックスカビゴンの対策

はたきおとす

従来の「リサイクル」や「しゅうかく」と同じく、「はたきおとす」で失った道具は回収できませんでした。
キョダイマックス以外のカビゴンの対策としても有名です。
相手のきのみを奪って食べる「むしくい」「ついばむ」などでも同様に対策できます。

ノーマル技に耐性があるポケモン

ノーマル技を封じれば「キョダイサイセイ」の効果は発動しないので、きのみの発動回数を抑えることができます。
サブウエポンに「ダイスチル」や「ダイアース」、「ダイバーン」を持っている場合もあるので注意しておきましょう。

HPが高すぎるので、ワンパンはほぼ不可能

ダイマックスカビゴンのHPは、無振りでもなんと470!
並の攻撃では一撃で倒すことができません。

「こんじょう」発動時のローブシンの「アームハンマー」ですら余裕を持って耐えてくるので、ワンパンで対処するのはほぼ不可能と言っても過言ではないでしょう。

ダイマックスカビゴンの入手方法

インターネットに接続し、ふしぎなおくりものを開く

ワイルドエリアニュースを受け取る

正常にこの画面が表示されれば成功です!

出現場所

今まで期間限定で出現していたバタフリーやサダイジャのように、どの巣穴でもランダムで出現します。
ノーマルタイプの巣穴でなくても出現します。

期間は12月4日から1月上旬なので、この機会に必ず捕まえておきましょう。

「ガラルビギニング」の参加方法

インターネットに接続し、VSを開く

バトルスタジアムを選択する

インターネット大会を選択する

公式大会を探すを選択

ガラルビギニングを選択し登録する

まとめ

いかがだったでしょうか。
要点は以下の3点です。

  • 「キョダイサイセイ」の発動はランダム(確定ではない)
  • 「イバンのみ」解禁前だと微妙な性能
  • 期間中どの巣穴でも出現する

今回の記事では微妙という評価でしたが、今週末のガラルビギニングでも一定の使用率が予想されますので、対策は必須級です。
参考にしていただければ嬉しいです。

最新の投稿を見逃さないためにも、公式アカウント(@Pokeso_info)のフォローをお願いします。

Twitterでフォローしよう