注目記事
『結論パ』について解説 ~最強のパーティとは~

こんにちは、へるぴん(@helpinass)です。
皆さんは『結論パ』という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
聞いたことがあるという方は、どのような意味で結論パの認識をされているでしょうか。

今回は巷でよく聞く用語『結論パ』についての成り立ちや、裏話の解説をしていきたいと思います。
例によって、当記事は8世代の対戦環境等の考察記事ではありませんので、お気を付けください。

結論パの成り立ち

最初に結論パという言葉ができたのは、2006年発売のwiiソフト「ポケモンバトルレボリューション」での対戦環境からで、世代で言うと4世代に当たります。

次世代「ブラック・ホワイト」の発売が近付いた環境終期、「バンギラス、ガブリアス、メタグロス、サンダー、スイクン」の5匹を固定し、残り1匹に各々好みのポケモンを加えたパーティが安定した強さを発揮するとして広まり、当時のプレイヤーはこれを『結論パ』と名付けました。
当時の対戦人口は現在よりずっと少なく、それでもこの結論パという言葉を知っている人が多いのは、動画投稿サイトにて結論パに関する詳細な解説をする動画が人気を集めたからという部分が大きいでしょう。

結論パ=最強なのか

環境終期に考え出され、大々的に名付けられた結論パ。言葉通りに意味を取ると『その環境でこれ以上考える余地がない、最強のパーティ』となるでしょう。

しかし、果たしてその認識は正しいのでしょうか。

結論パは最強ではなかった

今も使用パーティ等の記録が残っている当時の大規模大会のデータを調べてみると、やはり結論パの5匹が丸々被っていることが多く、人気であることが伺えます。
しかし、その結果はと言うと結論パを使用したプレイヤーはことごとく敗退し、vs結論パを見据えて厚くメタを張ったパーティが上位を占めることとなっています。

この事から、4世代での結論パは最強でもなんでもなく『環境終期に考えられた人気のパーティの名前』程度の意味しか持たないと言えます。

一人歩きしていく結論パ

よく調べていけば結論パ=最強ではないことは分かりますが、ほとんどの方はそこまで深堀りして調べることはありません。
当時の動画投稿サイトでは種族値の低いポケモンを多く使ってエンターテイメント性に長けた対戦をする動画が人気を博したのに対し、種族値の高いポケモンを多く採用したパーティは『厨パ』と呼ばれ、嫌われる風潮がありました。(厨=中学生が適当に使っても勝てる、の意)
そして、結論パは『厨パ』の最たる例として、広く知られるようになります。

今では多くのプレイヤーが開設している考察ブログの数も当時は少なく、結論パ以外の勝率重視のパーティ情報を知り得る方法は限られていました。
このような要因から、如何に結論パを倒すかを考察していたプレイヤー達をよそに、プレイヤーより圧倒的に人口が多かった動画視聴者側からの印象として『結論パは4世代最強のパーティ』という意味を確固たるものとしてしまいました。

世代が変わり、結論パ論争再び

上の画像は、6世代「オメガルビー・アルファサファイア」環境で行われた大規模オンライン大会の使用率上位のパーティです。
勘違いしやすい点ですが、この画像が意味するのは同じパーティを使って参加したプレイヤーが10人いたというだけで、大会の戦績上位をこのパーティが占めた訳ではありません。

この大会の様子はツイッターでも話題となり、上の画像と同じ部分を切り取ったツイートは多くの方にRTされました。
そして、4世代の頃の最強パーティという意味で結論パを認識していた人はこれを見てこう思うでしょう。
「なるほど、これが6世代の結論パなんだ。」

歴史は繰り返す

この「化身ボルトロス、ガブリアス、ガルーラ、ゲンガー、バシャーモ、スイクン」の6匹は多くのプレイヤーが考察し使用していましたが、これも「人気のパーティの一つ」に過ぎず、「最強」という意味合いはありません。
確かに上位までこのパーティで勝ち上がるプレイヤーもいるにはいましたが、メタを張り、全く違うポケモンを使う上位プレイヤーも多くいました。

しかし、当時の対戦環境はあまり分からないという方に「6世代の最強のパーティと言えば?」と聞けば、多くの人が上の画像の印象からこの6匹を挙げるのではないでしょうか。
事実、上の画像が出回った直後は「これが結論パか」「6世代はこのポケモンしか使われていないのか、つまらない」という意見が見受けられました。
4世代の結論パの一人歩きと全く同じ現象が起こっていたと言えます。

文字通りの意味の結論パ=最強のパーティなど存在しない

ポケモンの対戦環境はめまぐるしく変化していきます。
結論パと呼ばれたパーティのように人気の編成が広まれば、多くのプレイヤーはそのパーティを倒す方法を考えます。
そして、メタられる事が当たり前となり勝率が落ちれば、人気パーティの使用者はその形を変えざるを得ません。

ポケモンの種類、技構成、持ち物が全く同じパーティで常に最上位を取り続けられることなど有り得ない訳です。

最強が存在しないからこそポケモン対戦は面白い

もし、これ以外使う必要が無い程強い、最強のパーティが存在したら。
もし、プレイヤー全員が全く同じパーティで戦うことしかできない環境になっていたら、ポケモンというゲームの対戦はここまで人気になっていたでしょうか。
答えはNOでしょう。

ポケモンの対戦環境は、あっと驚くような構成のポケモンを採用したパーティが上位に躍り出てくることもありますし、人気のパーティが横綱相撲を見せつけ、やはり強かったと話題になることもあります。
その時々で上位のパーティは移り変わっていくからこそ、プレイヤーは同じゲームに対しても新鮮さを感じ、モチベーションを長く保つことができるのです。

終わりに

今回は誕生から10数年もの歳月が経っている用語、結論パについて解説をしていきました。
ポケモン対戦の長い歴史において、プレイヤーが独自に生み出した用語は数え切れないほどあります。
そして、その用語は当事者のプレイヤーの元を離れ、多くの人の目に止まるとその意味が段々違って捉えられる事も多々あります。
その中で最も有名な用語の一つが結論パと言えます。

これからも、4世代の結論パのように多くの人気を集め、使用率の高いパーティが編み出されるかもしれません。
しかし、いずれそのパーティはメタを張られ、メタに対抗するために形を変えていき、新たな人気のパーティが出回ります。
プレイヤーがいる限り、対戦環境に結論はありません。

参考文献
『バトレボ環境に結論(結論パ)があると思われている理由の簡易考察』
『第2回真皇杯オンライン予選 -肆の陣- 結果まとめ』

Twitterでフォローしよう