注目記事
【ポケモン剣盾】インターネット大会『しんそく!シングルバトル!!』考察

こんばんは、せつない(@fortune_36)です。

先日、公式大会『しんそく!シングルバトル!!』が発表されましたね。
1on1という普段のランクバトルとは全く異なるルールなので、新しい要素に適応できる柔軟な考察力が試されます。

今回はシングル61など1体で戦うルールの経験が無い方のために、この公式大会でテンプレとなるであろう型や戦い方を紹介していこうと思います。

『しんそく!シングルバトル!!』公式サイト

大会ルール

開催期間3月20日(金)午前9時~3月23日(月)午前8時59分
対戦形式シングルバトル
ルール1体のみ選出
見せあいなし
使用できるポケモンソード・シールドで使える伝説・幻を除いた全てのポケモン
(過去作から連れてきたポケモンも参加可能)

見せあい無し、つまりは相手を見て選出するポケモンを選ぶことができない点が今回のルールの特徴です。
また、これまで開かれた1on1ルールの大会と違って持ち物「きあいのタスキ」が使用可能となりました。

他に通常のランクマッチと違う点として、ダイマックスが使用不可であることが挙げられます。
そのため、「ダイジェット」や「ダイスチル」のおかげで性能が高いとされていたポケモン、例えばギャラドスなどは普段と違ってあまり強いポケモンではありません。

加えて、過去作のポケモンが使用可能なので通常のランクマッチでは見かけない技、「どくどく」などが飛び交う環境になることが予想されます。

公式サイトには記載されていませんが、通常のランクバトルと同じくポケモンと持ち物の重複は禁止されています。

詳しくは下記公式サイトにて
◆ポケットモンスターオフィシャルサイト:インターネット大会「しんそく!シングルバトル!!」が開催!

1vs1で強力な戦法

特殊ルールだからといって有象無象が入れ乱れるカオスな環境になるというわけではなく、しっかりと前世代から受け継がれたテンプレ戦術が存在します。
ルール上対戦は常にタイマン勝負なので、これに重きを置いた構築である”対面構築”に採用される型と似通った部分が多いです。

それでは、早速紹介していこうと思います。

持ち物「きあいのタスキ」

前世代の似たようなルールでは禁止されていた「きあいのタスキ」が使用可能になりました。
通常ルールでもタイマン性能を高めることができる持ち物として重宝されており、今回のルールでも同様に活躍が期待できます。

どのポケモンに持たせても強力な持ち物ですが、「しんそく」などの先制技が飛び交う環境であることは間違いないため、自身も優先度の高い先制技が使えるとより高い性能を発揮します。

また、似たような効果を持つ「がんじょう」や「ばけのかわ」といった特性を持つポケモンも同様に強力です。

持ち物「こだわりスカーフ」

「こだわりスカーフ」は上から相手を倒しても死に出しされるポケモンに起点にされてしまい切り返されてしまいますが、後続という概念の無いこのルールでは気にする必要がありません。
素早さを上昇させることで単純に行動回数を増やすことができますし、相性関係そのものがひっくり返る場合もあります。
また、前述の通りこのルールではダイマックスができないため、トゲキッスの「てんのめぐみ」+「エアスラッシュ」が非常に強力です。

技「ほろびのうた」

今回の大会のルールではダイマックスや交代などといった「ほろびのうた」から逃れる方法が使えないため、非常に強力な戦法です。
「ほろびのうた」の効果を同時に受けた場合素早さが高いほうが先に瀕死になるため、わざと素早さを下げて判定勝ちを狙います。
主に使用するポケモンはオシャマリ、ラプラス、サニゴーンと限られているので、確実に対策しておきたいところです。

補助技を使えなくする「ちょうはつ」、音技対策の「じごくづき」、「ほろびのうた」を回避できる「ゴーストダイブ」や「そらをとぶ」、自身の素早さを下げ逆に判定勝ちを狙える「のろい」などがメタとして存在します。

技「どくどく」「のろい」などの定数ダメージ+「まもる」

攻撃技はタイプ相性次第でダメージが通りにくいことがありますが、「どくどく」や「のろい」などの定数ダメージは多くのポケモンに共通して通用するダメージソースとして有用です。
また、「ほろびのうた」対策の「ゴーストダイブ」や「そらをとぶ」とも相性がいいです。
「じこさいせい」や「オボンのみ」「ねむる」などの回復手段や「ちょうはつ」などに不利を取ります。

技「かなしばり」+「アンコール」

「かなしばり」状態と「アンコール」状態を重ねることで、「わるあがき」しか打てなくなる状態を作るコンボです。

使用するポケモンは、主に「いたずらごころ」を両立できるヤミラミに限定されます。
「アンコール」の代わりに、拘りトリックを採用する型も存在します。

対策としては、悪戯心を無効化できる悪タイプ、「かなしばり」対策にヤミラミに有効な技を2つ以上持っておくことなどが挙げられます。

実際にやってみた

せつないの感想

今回の公式大会のルールで、ポケソルメンバーのA0(@A0tter_)と対戦してみました。

実際に対戦して感じたことは、マッチングの運にかなり左右されるルールだということです。
ですが、こういうルールでは、数あるポケモンの中から強い型を見つける考察力で差がつきやすいのも特徴です。
残り短い期間ですが、頑張って強いポケモンを見つけて本番に挑みたいです。

A0の感想

立ち回りのミスさえなければ、勝ち負けはマッチングした段階で決まると言って過言ではないのがこのルールの一番の面白さだと思いました。
強いポケモンを考えるのは勿論、1ターンの選択時間が10秒しかないということもあり、ダメージ計算や相手のポケモンごとへの立ち回り決めておくなどの事前の準備が非常に大事なルールだと感じました。

最後に、2人が使用した個体の紹介をしていこうと思います。

育成例

せつない使用ポケモン

ミミッキュ

特性ばけのかわ
性格しんちょう
持ち物カシブのみ
努力値HP:252 攻撃:0 防御:140 特攻:0 特防:116 素早さ:0
実数値162-110-118-x-154-116
ゴーストダイブ どくどく まもる みがわり

A199(252)オノノクスのシャドークロー(カシブのみ発動)→シャドークローを確定で耐えるまで防御に振り、残りを特防に振り切ることで、200(252+)ニンフィアの「こだわりメガネ」持ち「ハイパーボイス」を「ばけのかわ」の定数ダメージ込みで耐えることができます。

「のろい」と違って自身のHPを削らないので、勝てる相手が増えると思い、あえて「どくどく」を採用しました。
「どくどく」→「まもる」→「ゴーストダイブ」溜め→「ゴーストダイブ」攻撃→「まもる」で5ターン稼ぐことができるので、「ゴーストダイブ」の与ダメージ込みでほぼ全てのポケモンに勝てると思い使用しました。

バンギラス

特性すなおこし
性格いじっぱり
持ち物きあいのタスキ
努力値HP:0攻撃:252 防御:4 特攻:0 特防:0 素早さ:252
実数値175-204-131-x-120-113
かみくだく がんせきふうじ ロックブラスト のろい

悪タイプなのでヤミラミに強いこと、「ほろびのうた」を対策する手段が豊富なこと、「ロックブラスト」で身代わりミミッキュに勝てそうだったことから採用を決めました。
「ほろびのうた」を対策は「のろい」を採用しましたが、「ちょうはつ」や「あなをほる」も選択肢に挙がります。

オシャマリ

特性げきりゅう
性格のんき
持ち物しんかのきせき
努力値HP:252 攻撃:0 防御:252 特攻:0 特防:4 素早さ:0
実数値167-74-133-111-102-49
ほろびのうた つぶらなひとみ まもる ねむる

なんだこいつは?と思う方も多いと思いますが、「ほろびのうた」を使える中ではかなり耐久が高いポケモンなので、このルールでは普通に戦えるポテンシャルを持っています。
「ほろびのうた」の判定勝ちを狙うため、素早さの個体値は0にしてあります。

「ほろびのうた」→「まもる」→何か→「まもる」のパターンで勝つことを目標としているので、残り2つの技は3ターン目に打って有効になる技を探しました。
今回は「こだわりハチマキ」持ちヒヒダルマの「じしん」さえも受け切ることができる「つぶらなひとみ」、「のろい」持ちミミッキュに勝つための「ねむる」を採用しました。

A0使用ポケモン

パルシェン

特性スキルリンク
性格いじっぱり
持ち物きあいのタスキ
努力値HP:4 攻撃:252 防御:0 特攻:0 特防:0 素早さ:252
実数値126-161-200-x-65-122
つららばり ロックブラスト こおりのつぶて からをやぶる

通常のシングルバトルでも使われている型ですが、連続技で「きあいのタスキ」やミミッキュに強く出ることができるためこのルールでも十分な活躍ができるのではないかと考え採用しました。
このルールでは「まもる」の採用率が高くなることが予想されるので、強力な積み技を持っていることで二択を迫ることもできるのも強みの一つになりそうです。

トゲキッス

特性てんのめぐみ
性格おくびょう
持ち物こだわりスカーフ
努力値HP:4 攻撃:0 防御:0 特攻:252 特防:0 素早さ:252
実数値161-49-115-172-135-145
エアスラッシュ マジカルシャイン だいもんじ トリック

「こだわりスカーフ」を最も強く使えるポケモンで、どんなに苦手なポケモンでも自分の方が素早さが高ければ確率勝負に持っていけることから幅広い範囲と戦うことができると考え採用しました。
「トリック」は補助技を固定させることで1ターン目から勝ち確定までもっていくことができるので殴り合いをしてこない相手には非常に強力です。

クレベース

特性がんじょう
性格ゆうかん
持ち物こだわりハチマキ
努力値HP:252 攻撃:252 防御:4 特攻:0 特防: 素早さ:0
実数値202-185-205-x-66-30
つららばり ゆきなだれ ボディプレス ミラーコート

高い攻撃と防御を持ち合わせ、「がんじょう」+「ミラーコート」で低い特防すらも強みにすることができるため、単純な殴り合いの性能の高さは随一であると考え採用しました。
「つららばり」で「きあいのタスキ」やミミッキュにも強く、Sを落とすことでサニゴーンにほろびのカウントで勝つことができるなど、細かいところで強みになる要素を持ち合わせているのが強力です。

終わりに

以上、『しんそく!シングルバトル!!』の事前考察でした。

普段のルールでは思いも寄らないポケモンや戦術が活躍できるのは、特殊ルールの醍醐味ともいえますね。
1戦にかかる時間も少ないので、皆さんもぜひ自慢のポケモンを育成して挑んでみてください!

Twitterでフォローしよう